« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »

2009年8月

2009年8月27日 (木)

賃貸マンションの更新料訴訟控訴審 貸主に返還命じる判決

賃貸マンションの更新料は消費者契約法に違反し無効だとして争われた事件で、本日、大阪高裁で控訴審判決が出され、1審・京都地裁判決を変更し、控訴人(借主)の請求を認容されました。

なお、別事件において、先月23日に、京都地裁で更新料を無効とする初めての判決が出されています。
http://www.courts.go.jp/search/jhsp0030?action_id=dspDetail&hanreiSrchKbn=04&hanreiNo=37862&hanreiKbn=03

家主側の弁護団によると、更新料に関する条項は、首都圏や京都府など全国100万戸以上の賃貸借契約に盛り込まれているようです。

家主側は上告する方針のようですが、今日の判決が最終的に確定するようであれば、今後の不動産賃貸借においても、様々な影響が出ると予想されるので、最高裁での判断が非常に注目されます。

更新料訴訟で原告逆転勝訴

http://sankei.jp.msn.com/affairs/trial/090827/trl0908271501002-n1.htm

 賃貸マンションの更新料は消費者契約法に違反し無効として、京都市北区の男性会社員(54)がマンションの家主に、支払った5回分の更新料など55万5千円の返還を求めた訴訟の控訴審判決が27日、大阪高裁であった。成田喜達裁判長(亀田廣美裁判官代読)は「消費者契約法に違反し無効」として、原告側の請求を退けた1審京都地裁判決を変更、家主側に更新料を含む45万円の返還を命じた。

 高裁が更新料契約を「無効」とする判断を示したのは初めて。同種訴訟で更新料を「有効」とする判決が続くなか、7月に京都地裁が別の訴訟で初の無効判決を出し、高裁の判断が注目されていた。家主側は上告する方針。

 訴訟で家主側は「(もともと低く設定している)賃料の補充という性質がある」と主張したが、成田裁判長は「契約条項をみても更新料の説明がなく、単に契約更新時に支払われる金銭という以上の認識はない」と指摘。さらに、消費者の利益を一方的に害する契約条項は無効と定めた消費者契約法10条に違反するかについて、賃料補充の性質は認められない▽家賃の2カ月分余りと高額▽一見安い賃料という印象を与える-ことから「違反する」と認定した。

 一方、男性が支払った更新料5回のうち1回は、消費者契約法の施行前で公序良俗にも反せず、返還の必要はないとした。

 判決によると、男性は平成12年8月、京都市内の賃貸マンションに月4万5千円の家賃で入居。契約は1年更新で毎回10万円の更新料を支払う条項があり、男性は5年間で5回、計50万円を支払った。

2009.8.27 14:58 MSN産経ニュース

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月25日 (火)

私も知りませんでした

今月30日に衆議院議員選挙が行われ、政権交代が起こるかどうか注目が集まっています。

この選挙と同じくして、前回衆院選(平成17年9月)後に任命された9名の裁判官の最高裁判所裁判官の国民審査の投票も行われます。

投票方法としては、ふさわしくないと思う場合は「×」をつけ、信任する場合は何も書かず、「○」や「△」などの記号を書くと無効になります。

「×」が有効投票の過半数に達すると罷免されますが、過去に罷免された例はありません。

それから、これは私自身も初めて知ったのですが、選挙公報と一緒に配られた国民審査公報によると、投票をしたくない場合、①投票用紙を受け取らない、②投票用紙を受け取った後でも投票をしたくない場合は係員に返す、こともできるようです。

いつも、この国民審査について思うのは、投票のための情報が少なく、まず一般の人は「判断の仕様がない」というのが本音ではないでしょうか。
そのような状況で「白票=信任」との投票方法というのも何か違和感を感じます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月23日 (日)

債権法、初の全面改正へ

本日の朝日新聞の一面記事によると、法務省は9月、民法の債権に関する規定(債権法)の改正を法制審議会に諮問する方針を固めました。
http://www.asahi.com/national/update/0823/TKY200908220265.html

現在、民法で規定されている契約の種類(明治29年に制定)として、売買、賃貸借など13種類あります。

しかし、エステでの施術や語学学校の受講といったサービスを受ける契約など、民法上、規定のない契約形式も増えてきました。

そして、民法では対応しきれないトラブルについては、判例、つまり訴訟における裁判所の判断の積み重ねたものをルール代わりにしてきました。

そこで、現代の消費者や企業の活動に見合ったものにさせるために、民法の多くの規定の見直し作業に入るようです。

法律家にとって民法の学習は基本であり、その基本の法律について大幅な改正となれば、かなり頭の切り換えが必要となってきます。

今後も、この改正に向けての動きには、注目して行きます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年8月22日 (土)

本当に必要な人を引き寄せる 頭のいい人脈の作り方

今日は、「自分ブランドプロデューサー」として活躍されている立石剛さんが書かれた「本当に必要な人を引き寄せる 頭のいい人脈の作り方」(日本実業出版社)を紹介します。

                   2068942_1962884471_7 

この本の冒頭でも紹介されていますが、営業マンには「お客様を追いかける営業マン」と「お客様に追いかけられる営業マン」と2つのタイプがいて、営業の世界では前者を「プッシュ型営業」、後者を「プル型営業」と呼んでいます。
立石さんは、人脈作りのヒントは、「プル型営業」にあると指摘しています。

私も、司法書士として独立開業してから「異業種交流会」に参加するようになりましたが、仕事につなげたいという欲だけで参加したときにはろくなことがなく、逆に「プッシュ型営業」タイプの人に変に付きまとわれ、不快な思いをしたこともありました。

そして、この本では「ありのままの自分」を認めてくれる人脈を引き寄せるという視点に立って、「自分ブランド」の築き方や、会いたい人を引き寄せる「勉強会」の始め方など、立石さん自身が出会った2000人の起業家から学んだ「人が集まる人になるための秘訣」がいろいろと書かれています。

この本を読んで、まずは自分らしさに磨きをかけ、その結果として「ありのままの自分」を認めてくれる多くの人々とつながっていければいいなと感じました。

世の中を生きていくうえで、人の繋がりは大切であり、自分の財産にもなります。
私にとって、人脈形成の意味を吟味するのに、貴重な一冊になりました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年8月15日 (土)

前向きに検討します…

先月テレビ放送していた「県庁の星」を録画していたのをずっと見るのを忘れていたのに気づき、今日、見ました。

「県庁の星」は、2006年に織田裕二と柴咲コウが主演した映画で、県庁のキャリアとスーパーのパート店員が出会い、思わぬ化学反応が引き起こす「改革」の物語です。

私がこの映画で印象的だった台詞は「前向きに検討します」です。

この台詞の実際の意味は「前向きに検討します」の後に「でも実際は検討しませんからね」というものが続きます。

映画上では、県庁でこのような対応マニュアルが文書としてあり、ラストシーンでも象徴的にこの台詞が使われています。

この台詞を聞いたときに、思わず「実際の行政でもそうなのだろうなぁ」と感じてしまいました。

3日後には衆議院選挙の公示がされ、政権交代がなされるかが注目されています。

今回の選挙結果で、自民党中心の政権になるにしろ、民主党中心の政権になるにしろ、キャリアの「前向きに検討します」の後に「でも実際は検討しませんからね」といった風潮にまでメスを入れてもらいたいものです。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009年8月14日 (金)

「寝過ぎ」はアルツハイマーのリスクを高める? 危険性が倍増との報告。

一般的に、6時間から8時間くらいがちょうど良いと言われる睡眠時間です。

私の今までを振り返っても、夜にバタンキューと寝て、途中目覚めることなく、7時間前後寝ているときが、一番頭もさえ、体調もいい傾向にあります。

ところで、今日のナリナリドットコムで、スペイン・マドリード大学病院の専門家チームが「昼寝も含めて1日8時間以上寝ている人は、アルツハイマー病などの認知症にかかるリスクが倍増する」という研究発表をしたというコラムが取り挙げられています。
http://www.narinari.com/Nd/20090812129.html

最近の私は、昔に比べると睡魔に襲われやすく、休みの日などは昼寝を含めると8時間以上寝ていることもあります。

もちろん、このコラムでも指摘の通り、まだ因果関係が科学的に解明されているわけではないため鵜呑みにする必要はないと思います。しかし、小難しいことは抜きにしても、適度な睡眠を確保して規則正しい生活を送るのがよりよく生きるための最善の道なのかと再認識しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月12日 (水)

自然災害に便乗した悪質商法にご注意ください

今週に入って、兵庫県佐用町を中心に台風9号による豪雨や、駿河湾を震源とする地震と、相次いで自然災害が起こっております。

被災された皆様に心からお見舞い申し上げます。

ただ残念なことに、過去において、台風、地震などの災害時に、それに便乗した悪質商法が多数発生しており、国民生活センターでも、注意を喚起しております。
http://www.kokusen.go.jp/soudan_now/data/s_saigai.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月 6日 (木)

初の裁判員裁判

本日、東京地裁にて、初の裁判員制度による判決の言い渡しがなされました。

判決の要旨については、こちらを参照下さい。
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20090806-OYT1T00913.htm

私の個人的な感想としては、報道を見る限りですが、市民目線での裁判がなされ、裁判員の記者会見を見ていても思った以上に好意的な感想を述べているなと思いました。

ただ、判決言い渡しの際には、裁判員が下を向いたり、天を仰いだりしたとの話を聞いたりすると、量刑について判断を下すということには、やはり、かなりのプレッシャーとなるのかなとの印象も持ちました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月 3日 (月)

ようやく梅雨明けです

今日、ようやく梅雨明け宣言がなされました。

先日のブログでも書いたように、今年の梅雨は、局地的・集中的にザーっと降る雨が多いうえに、梅雨の時期が長かったですよね。

しかしながら、今年の梅雨の大阪の降水量は、平年の9割にも満たっていないようです。

何か違和感を感じますよね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月 1日 (土)

2日続けて・・・

もう8月になるというのに、大阪ではまだ梅雨が明けていません。

しかも、今年の雨は、しとしとと降る雨ではなく、局地的・集中的にザーっと降る雨が多いですね。

昨夜8時頃、今朝10時頃と集中的にザーっと雨が降り、いずれも私は外出中でこういった雨に見舞われました。

そろそろ梅雨が明けると思いますが、少なくとも自分の外出中には、あまりこのような雨には見舞われたくないものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »