« マンション更新料訴訟、決着は最高裁へ | トップページ | アフィリエイトやドロップシッピングに関する相談が増加! »

2009年10月31日 (土)

「あなたは訴えられている」実在弁護士装う振り込め詐欺

第二東京弁護士会は30日、所属弁護士の名前をかたった振り込め詐欺の被害が全国で相次いでいると発表した。

【「あなたは訴えられている」実在弁護士装う振り込め詐欺】

http://www.asahi.com/national/update/1030/TKY200910300486.html

「あなたは商品代金未払いで訴えられている。対処するため弁護士が必要だ」。そんな電話やはがきが来て、実在の弁護士を装った人物に「着手金」をだまし取られる新手の振り込め詐欺が相次いでいる。名前を使われた弁護士が所属する第二東京弁護士会(川崎達也会長)によると、3~10月に全国で42件の相談が寄せられ、うち東京、千葉、京都、岡山の6件で計約1600万円の実害があった。同会は「被害は氷山の一角」とみて30日、警察庁に取り締まり強化を申し入れた。

同会によると、手口は主に二つのパターンだ。

(1)消費者団体を装うはがき

 あなたは商品の代金未払いを理由に訴えられた、などと記されている。心当たりがないので電話すると「応訴しないと認めたことになる」などと言われて同会所属の実在する弁護士を紹介される。ところが、連絡先の電話番号は偽物。対応した人物から「受任契約」と称して着手金を振り込むよう指示される。

(2)ニセ弁護士からの電話

 実在の弁護士名をかたる人物から「訴訟を起こせば被害金を取り戻せる」などと電話がかかってきて、着手金をだまし取ろうとする。

 こうして名前を悪用された弁護士は、若手から弁護士名簿に連絡先を掲載していない高齢の弁護士たちまで、同会所属だけで10人近いという。同会副会長の桜井光政弁護士は「弁護士が顔を合わせずに着手金を払えということはない」と強調。「不審な点があれば、弁護士会に連絡先などを確認してほしい」と呼びかけている。

(2009.10.31 01:14 asahi.com)

このような詐欺事件が起こること自体が残念ですが、注意を喚起する意味でメッセージします。

まず、心当たりのない請求をされた場合、裁判所から来た訴状や支払督促等でない限り、無視して下さい。

それから、(司法書士もそうですが)弁護士が面談もせずに金を振り込ませることはありません。

ついでに申し上げておきますが、もし、弁護士や司法書士の事務所に相談に行って、弁護士・司法書士本職と面談せずに事件を進めるようであれば、それも注意して下さい。後々トラブルになるケースが多いです。

とにかく、わからなければ、自分で判断せず、誰かに相談して下さい。

事務所のHPです。よろしければご覧下さい。
【藤谷司法書士事務所】大阪市淀川区(新大阪・西中島南方)

|

« マンション更新料訴訟、決着は最高裁へ | トップページ | アフィリエイトやドロップシッピングに関する相談が増加! »

消費者問題」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/544221/46635584

この記事へのトラックバック一覧です: 「あなたは訴えられている」実在弁護士装う振り込め詐欺:

« マンション更新料訴訟、決着は最高裁へ | トップページ | アフィリエイトやドロップシッピングに関する相談が増加! »