« 過払い利息返還請求:信用情報から削除、金融庁方針 | トップページ | 明石歩道橋事故:元副署長を強制的に起訴へ 検察審が議決 »

2010年1月20日 (水)

「無料」を強調しながらも有料期間に自動移行する宅配ビデオレンタルのトラブル

本日公表された国民生活センターによる報道発表資料によると、宅配ビデオレンタル(DVD、CDのレンタルを含む)に関する苦情が増加しているようです。
http://www.kokusen.go.jp/news/data/n-20100120_1.html

事業者のホームページには「無料」「お試し」が強調されていたが、有料期間に自動的に移行することがわかりにくく、消費者に誤解を招くと思われる表示が見受けられているようです。

インターネットをめぐる消費者トラブルは、通常の消費者トラブル以上に、消費者に誤解を招くと思われる表示が多い傾向にあると思われますので、みなさんもご注意下さい。

|

« 過払い利息返還請求:信用情報から削除、金融庁方針 | トップページ | 明石歩道橋事故:元副署長を強制的に起訴へ 検察審が議決 »

消費者問題」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/544221/47345865

この記事へのトラックバック一覧です: 「無料」を強調しながらも有料期間に自動移行する宅配ビデオレンタルのトラブル:

« 過払い利息返還請求:信用情報から削除、金融庁方針 | トップページ | 明石歩道橋事故:元副署長を強制的に起訴へ 検察審が議決 »