« 相続登記はお早めに!(2) | トップページ | 名誉棄損:ネット上「深刻な被害ある」最高裁初判断 »

2010年3月14日 (日)

競走馬の差し押さえ

名物馬主として知られる関口房朗氏の所有馬が差し押さえられていたとの記事が掲載されています。

関口氏の本業は人材派遣会社の経営であるが、昨今、人材派遣業も厳しい状況にあり、かつては“ミスター大盤振る舞い”とも呼ばれていた関口氏も例外ではなかったようです。

競走馬の差し押さえというのもはじめて聞きました。

JRAの規定によると「差し押さえを受けている馬は出走できない」ようです。

競売などで早いところ買い手がつけばこの差し押さえも功を奏すといえますが、時間がかかるようだと債権者にも競走馬関係者にもダメージが大きいでしょう。

【フサイチ冠名の…関口氏所有馬差し押さえ】
http://www.nikkansports.com/race/news/p-rc-tp0-20100314-605824.html

フサイチの冠名で知られる関口房朗氏(74)の所有馬フサイチセブン(牡4、栗東・松田国)とザサンデーフサイチ(牡6、同)が12日に大津地裁に差し押さえられたことが分かった。

フサイチセブンは関口氏が00年に米G1ケンタッキーダービーを制したフサイチペガサスを父に持つ良血馬。10日に船橋競馬場で行われた統一G2ダイオライト記念(1着賞金4000万円)で重賞初制覇を決めたばかり。現在は裁判所の管理下に置かれており、JRAの規定によると「差し押さえを受けている馬は出走できない」ため、競売にかけられるなどして、新たな馬主が決まるまではレースに出走できない。

両馬を管理する松田国英師は「今は2頭とも放牧に出ています。どうこう言える立場ではありませんし、推移を見守るしかありません」とコメントした。

関口氏はここ数年、自身が経営する人材派遣会社が不振で資金繰りに苦しみ、所有する多くの競走馬も手放してきた。また、1月25日には競合禁止義務に違反したとして、裁判所から契約金5億円の支払いを命じられていた。関係者は「六本木ヒルズは出たが、今は都内の一等地に住んでいるはず。最近まで連絡は取っていたけど、今はどうしているのか…」と心配していた。

(2010.3.14 9:02 nikkansports.com)

|

« 相続登記はお早めに!(2) | トップページ | 名誉棄損:ネット上「深刻な被害ある」最高裁初判断 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/544221/47808618

この記事へのトラックバック一覧です: 競走馬の差し押さえ:

» 関口氏破産?フサイチセブンなど差し押さえ [堺市と賃貸と競馬の事と・・・]
ある意味、日本で一番有名な馬主さん「関口会長」が終焉を迎えるようです。数年前はテレビにもよく出てましたし、セレクトセールでは簡単に「1億!」なんて声をかけて、派手な方でした。賛否両論あるとは思いますが・・・... [続きを読む]

受信: 2010年3月14日 (日) 22時23分

« 相続登記はお早めに!(2) | トップページ | 名誉棄損:ネット上「深刻な被害ある」最高裁初判断 »