« そこで区切る? | トップページ | 競走馬の差し押さえ »

2010年3月11日 (木)

相続登記はお早めに!(2)

以前にもこのブログで触れましたが、相続登記はお早目にすることをお勧めします。
(平成21年9月20日のブログ)
http://m-fujitani.cocolog-nifty.com/blog/2009/09/post-caa9.html

相続登記を放置している人は「うちは揉めることないし不動産を売る時にすればいい」と言いがちです。

ところが、いざ売るタイミングになってから相続調査をして、スムーズに行かないケースもあります。

たとえば、被相続人については、生まれてから亡くなるまでの戸籍が必要になります。

被相続人が結婚・離婚を繰り返したり、転籍が多かったりすると、この戸籍集めだけで場合によっては1ヶ月以上かかることもあります(特に本籍地が遠方の場合)。

また、戸籍を調査して初めて、腹違いの兄弟姉妹がいることを知ることもあります(私も何度か経験しています)。

結果的に、相続で揉めたり、揉めなくても時間がかかって売却のタイミングを逃すこともあります。

何事においても、スムーズに物事が進むことが大切です。

できるだけ早い時期に相続登記しておくことをお勧めします。

相続手続の流れはこちらをご覧下さい。
【藤谷司法書士事務所】の相続登記のページ

|

« そこで区切る? | トップページ | 競走馬の差し押さえ »

相続」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/544221/47783864

この記事へのトラックバック一覧です: 相続登記はお早めに!(2):

« そこで区切る? | トップページ | 競走馬の差し押さえ »