« 名誉棄損:ネット上「深刻な被害ある」最高裁初判断 | トップページ | 自宅のPCが・・・ »

2010年3月19日 (金)

受信料未払い訴訟、NHK初の敗訴 札幌地裁

受信料未払い訴訟で、NHK初の敗訴判決が出ました。

NHKの受信契約において、日常家事債務の連帯責任について適用しないとの判断を控訴審でも維持されれば、今後のNHKの受信料の徴収にも影響が出ることが予想されます。

控訴審にも注目です。 

【受信料未払い訴訟、NHK初の敗訴 札幌地裁】
http://www.asahi.com/national/update/0319/TKY201003190322.html

NHKが札幌市中央区の会社役員の男性に未払いとなっている受信料の支払いを求めた訴訟で、札幌地裁の杉浦徳宏裁判官は19日、NHKの請求を棄却し、男性側勝訴の判決を言い渡した。NHKによると、受信料未払い訴訟で敗訴したのは初めて。NHKは即日、控訴した。

訴訟でNHK側は、男性は受信契約をしたのに、2003年12月~08年3月の受信料計12万1680円分を払っていないと主張。これに対し、男性側は「妻が自分の名前で契約書に無断で署名・押印した」と反論していた。

判決は「妻に代理権を与えていない」と判断。NHK側の「日常の家事で夫婦のいずれかが債務を生じれば、連帯責任を負う」という主張についても、「受信料契約では適用されない」と退けた。

受信料をめぐっては、NHKが申し立てた支払い督促が全国の簡裁で相次いで認められている。被告の男性は簡裁の督促に応じず、異議を申し立てて本裁判に移行した。

NHKは「判決は独自の判断で被告の主張を一方的に認めた。極めて遺憾な内容だ。従来と変わりなく、契約・収納業務をしていく」とコメントしている。

(2010.3.19 17:02 asahi.com)

|

« 名誉棄損:ネット上「深刻な被害ある」最高裁初判断 | トップページ | 自宅のPCが・・・ »

裁判関係」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/544221/47854466

この記事へのトラックバック一覧です: 受信料未払い訴訟、NHK初の敗訴 札幌地裁:

« 名誉棄損:ネット上「深刻な被害ある」最高裁初判断 | トップページ | 自宅のPCが・・・ »