« 登記識別情報の再作成(再発行)について | トップページ | エイプリルフールですが嘘の話ではありません »

2010年3月31日 (水)

学習塾小6刺殺、塾に9900万円の賠償命令

平成17年12月、京都府宇治市の学習塾「京進」で塾生の小学生(当時12歳)がアルバイト講師の男に刺殺された事件があり、当時、ショッキングな事件が起きたと記憶しています。

塾生の両親が京進に慰謝料など計約1億3000万円の損害賠償を求めた訴訟の判決が本日、京都地裁であり、「営業時間中に講師が生徒を殺害した事案」として京進の使用者責任を認め、約9900万円の支払いを命じました。

被害者(遺族)の救済を考えれば、「営業時間中に講師が生徒を殺害した事案」として京進の使用者責任を認めたのは、妥当な判決だと思います。

今後、このような事件が起こらないことを祈ります。

【学習塾小6刺殺、塾に9900万円の賠償命令】
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20100331-OYT1T00834.htm

京都府宇治市の学習塾「京進」で2005年12月、塾生の小学6年Xさん(当時12歳)がアルバイト講師の男に刺殺された事件で、Xさんの両親が京進に慰謝料など計約1億3000万円の損害賠償を求めた訴訟の判決が31日、京都地裁であった。

松本清隆裁判長は「営業時間中に講師が生徒を殺害した事案」として京進の使用者責任を認め、約9900万円の支払いを命じた。

原告側は訴訟で「男はXさんに叱責(しっせき)を繰り返すなど異常な行動を取っていたのに、京進は調査せずに事件を未然に防止する機会を逸した」と主張。京進側は法的責任を認めたうえで、「男の殺害計画に気づくのは困難で、故意に犯罪行為を犯した男とは責任が異なる」として賠償額の程度を争っていた。

判決によると、Xさんは05年12月10日、塾の教室で、同志社大生でアルバイト講師だったY受刑者(27)(殺人罪などで懲役15年の判決確定)に首を包丁で突き刺されるなどして失血死した。

判決を受け、京進は「中立公正な判断と受け止め、判決に従いたい。事件を忘れず、全社一丸となって安全対策により一層取り組む」とコメントした。

(2010.3.31 20:48 YOMIURI ONLINE)

|

« 登記識別情報の再作成(再発行)について | トップページ | エイプリルフールですが嘘の話ではありません »

裁判関係」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/544221/47962126

この記事へのトラックバック一覧です: 学習塾小6刺殺、塾に9900万円の賠償命令:

« 登記識別情報の再作成(再発行)について | トップページ | エイプリルフールですが嘘の話ではありません »