« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »

2010年4月

2010年4月27日 (火)

内容証明が届かない場合の到達の効力

内容証明を送ったが「ご不在のため持ち帰り、保管期間が切れたため返送」された場合の到達の効力はどうなるのでしょうか。

この問題につき、遺留分減殺の意思表示が記載された内容証明郵便が留置期間の経過により差出人に還付された事例において、平成10年6月11日の最高裁の判例があるので紹介します。

この判例の結論を簡単に言うと、内容証明郵便が遺留分減殺の意思表示(少なくともこれを含む遺産分割協議の申入れである)だろうと受取人の方で推測がつく状況であれば、到達の効力が認められます。

判例の全文や要旨はこちらをご覧下さい。
http://www.courts.go.jp/search/jhsp0030?action_id=dspDetail&hanreiSrchKbn=01&hanreiNo=52615&hanreiKbn=01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月21日 (水)

6月18日から改正貸金業法が完全施行

昨日、6月18日から総量規制と金利引き下げを盛り込んだ改正貸金業法が完全施行されることが決定しました。

平成18年の第165回臨時国会において、改正貸金業法が可決・成立し、同年12月20日に公布されたにもかかわらず、賛否両論、いろいろありまして、結局、完全施行されるまでに3年半もかかりました。

今後は、債務整理をする必要のある方が増加することが予想されます。

とにかく、多重債務問題の解決につながることを祈っています。

【貸し付け制限導入、改正貸金業法6月18日から】
http://www.yomiuri.co.jp/atmoney/news/20100420-OYT1T01124.htm

政府は20日、消費者金融などの貸金業者への規制を厳しくする改正貸金業法を6月18日に完全施行することを閣議決定した。

貸金業者による貸し付けを原則、借り手の年収の3分の1以下に制限する「総量規制」を導入するほか、上限金利を現行の29・2%から15~20%に引き下げる。

改正貸金業法は多重債務問題の解決を目指し、2007年から段階的に施行してきた。だが、制度の周知は十分とは言えず、総量規制導入で借りられなくなる利用者の続出も予想されるため、金融庁政策会議では与党議員からも施行延期を求める意見が相次いでいた。

しかし、同法改正が全会一致で決定したことなどを重視。内閣府令で、借金を段階的に減らすための借り換えをしやすくしたりするなどの対応にとどめ、法律には手を加えず、予定通り完全施行することにした。

(2010.4.20 18:06 YOMIURI ONLINE)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月15日 (木)

遺言の日

実は、私もさきほど知ったのですが、今日、4月15日は「遺言の日」だそうです。

1998年、近畿弁護士会連合会が、4月15日を「良い遺言(よいいごん)の日」と命名したことから始まったようです。

これをきっかけに「遺言」について考えてみるのもよいでしょう。

「遺言」は「自分の死を意識」するようになってから書くものだと思われてる方が多いようです。

しかし、「遺言」を遺そうと思った「今」、元気な状態である「今」こそ、「遺言」を遺すタイミングです。

詳しくは、こちらをご覧下さい。
【藤谷司法書士事務所】の遺言のページ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月 9日 (金)

「フサイチ」新オーナー決定

3月14日のブログで紹介しましたが、“フサイチ”の冠名で知られる関口房朗氏の所有馬のうち2頭を裁判所に差し押さえられており、その動向が注目されていましたが、新オーナーが決定したようです。
(2010.3.14のブログ)
http://m-fujitani.cocolog-nifty.com/blog/2010/03/post-21c7.html

競走馬の差し押さえ手続がどのようになされたのか興味があります。

しかし、競走馬の購入には馬主資格が必要となるために、通常の競売手続と違って、債権者と購買者との間で任意に協議されて解決が図られたものかなとも思いました。

それにしても、早いうちに解決されてよかったと思います。

【「フサイチ」新オーナーに林氏】
http://www.nikkansports.com/race/news/p-rc-tp0-20100409-615876.html

「フサイチ」の冠名で知られる関口房朗オーナー(74)所有のフサイチセブン(牡4)とザサンデーフサイチ(牡6=ともに栗東・松田国)が8日、05年マーチS勝ちのクーリンンガーなどを所有した林進氏に売却され、同氏が新オーナーとなることが分かった。関口氏は今年1月の判決で命じられた違約金5億円が支払えず、所有馬2頭が裁判所に差し押さえられる異例の事態になっていた。

フサイチセブンはダート路線で底を見せておらず、前走ダイオライト記念で初重賞制覇。今年のダートG1路線の主役候補だけに去就が注目されていた。2頭は今日9日、放牧から栗東の松田国厩舎に帰厩する。「オーナーが決まりました。セブンはアンタレスS(G3、ダート1800メートル、25日=京都)に内田騎手で行きます」と松田国師。11月3日船橋のJBCクラシック(G1、ダート1800メートル)を目指す。

(2010.4.9 8:01  nikkansports.com)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月 7日 (水)

高齢者をねらう、短歌・俳句の新聞掲載への電話勧誘-趣味につけ込む商法に注意-

本日、国民生活センターの報道発表によると、高齢者に「自作の短歌や俳句を新聞(雑誌)に掲載しないか」という電話があり、無料と思い承諾したところ、高額な掲載料を請求されたといった相談が増加しているようです。
http://www.kokusen.go.jp/news/data/n-20100407_1.html

高齢者を中心に、趣味に対する心理を巧みに利用した手口は、今後も増加が予想されますので、ご注意下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月 1日 (木)

エイプリルフールですが嘘の話ではありません

昨日の寝る前の話ですが、季節はずれの「蚊」が飛んでいました。

実は、季節はずれの蚊に出くわしたのは、人生で3度目です。

1度目は、中学のときで、11月でした。

2度目は、昨年の10月26日で、このブログでも取り挙げています。
http://m-fujitani.cocolog-nifty.com/blog/2009/10/post-240b.html

そして、今回で3度目ですが、春に出くわしたのは初めてです。

今年の3月は、前半は4月の陽気でこのまま春に突入するかと思いきや、後半は2月の寒さに逆戻りといった具合に、稀にみる「異常気象」ともいえますが、こんな時期に蚊が出現するのも「異常気象」をひきずっているの蚊?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »