« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

2010年5月

2010年5月29日 (土)

家賃督促状、玄関ドアに張り付けは違法 大阪地裁判決

昨日、大阪地裁で、滞納家賃の督促に関して、文言を問わず家賃督促状を玄関ドアに張り付けただけで違法であるとことを認める判決が、初めて出されたようです。

早く「追い出し規制法(通称)」を成立させ、違法と思われる滞納家賃の取立ての規制をもっと徹底させてほしいものです。

【家賃督促状、玄関ドアに張り付けは違法 大阪地裁判決】
http://www.asahi.com/national/update/0528/OSK201005280085.html

滞納家賃の支払いを求める督促状を自宅玄関に張られ精神的苦痛を受けたとして、大阪府柏原市の会社員の男性(29)が家賃保証会社に110万円の損害賠償を求めた訴訟の判決が28日、大阪地裁であった。窪田俊秀裁判官は「家賃の支払い状況はプライバシー情報で、不特定の人に知られる状態にするのは名誉を損ねる違法な取り立てだ」として、保証会社に慰謝料など6万5千円の支払いを命じた。

消費者金融などの取り立てをめぐっては、貸金業法がこうした張り紙を禁じているが、滞納家賃については規制する法律がない。支援団体「全国追い出し屋対策会議」によると、同様の訴訟で、督促状の文言は問わず玄関に張るだけで違法と認めた判決は初めて。同会議代表幹事の増田尚弁護士は「張り紙は入居者に与える心理的な圧力が強い。安易な取り立てを防ぐ意味で貸手に与える影響は大きい」と評価する。

判決によると、男性は2008年9月分のマンション家賃8万5千円を滞納。保証会社は同月以降、家主に滞納分を立て替えたうえで、男性宅の玄関ドアに督促状を張りつけたほか、電話で「出ていけ」などと退去を要求。男性はその後、家賃を支払った。

窪田裁判官は「督促状は郵便受けに入れれば足りる」と指摘。高圧的な口調の取り立てについては「社会通念上の限度を超える」と判断した。

強引な家賃の取り立てに刑事罰を科すことを盛り込んだ「追い出し規制法(通称)」案は今月25日に衆院国土交通委員会に付託された。先に審理した参院は全会一致で可決しており、6月にも成立する見通しになっている。(室矢英樹)

(2010.5.28 21:38 asahi.com)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月27日 (木)

保証人紹介ビジネスのトラブルにご注意!

昨日の国民生活センターの報道発表によると、借金をするとき、家を借りるとき、就職するときなど、インターネットを通じての保証人紹介ビジネスに関するトラブルの相談が増加しているようです。
http://www.kokusen.go.jp/news/data/n-20100526_2.html

確かに、この手のトラブルが増加しているという話は、よく聞きます。

これも、インターネットが普及したことの弊害といえるでしょう。

皆さん、くれぐれもご注意下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月26日 (水)

NHK:初の強制執行申し立て 受信料未払いの5人に

NHKは、本日、初めて強制執行の申し立てを行ったようです。

裁判手続をとっているなら、逆に今までなぜ強制執行をしないの?という気はしますが・・・。

NHKが受信料をとる法的根拠は放送法32条にあるとされていますが、批判も多いです。

また、NHKの受信料について先日も初めて敗訴判決が出るなど、いろいろと注目すべきところもあるように思います。

規定や制度の見直しも必要な時期に来ているのかもしれません。

【NHK:初の強制執行申し立て 受信料未払いの5人に】
http://mainichi.jp/select/wadai/news/20100526dde041040062000c.html

NHKは26日、受信契約を結びながら支払いに応じない5都府県の5人に対する強制執行の申立書を、5人の所在地を管轄する地裁に発送した。受信料回収を巡り、NHKが強制執行を申し立てるのは初めて。

5人は東京都、千葉県、大阪府、兵庫県、福島県に居住。滞納期間は54~36カ月で、請求額の合計は利息なども含め48万5858円。NHKは14日に8都府県の8人に期限を設けて予告通知を行ったが、その後3人が支払いに応じた。

NHKでは、不祥事を受けて受信料不払いが相次ぎ、05年度に支払率が69・2%まで落ち込んだ。そのためその後の経営計画に、裁判所に申し立てるなど民事手続きを利用して回収に臨むことを盛り込んだ。支払率は昨年度末で72・2%まで回復している。

(2010.5.26 毎日新聞 東京夕刊)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月25日 (火)

過労死訴訟:「日本海庄や」社長らに7860万円賠償命令

時間外労働が月80時間を切るようだと基本給が下がるシステムにびっくりです。

過労死訴訟で、役員個人の責任を認めたことは、画期的な判決だといえます。

過労死の起きない労働環境づくりを目指してほしいものです。

【過労死訴訟:「日本海庄や」社長らに7860万円賠償命令】
http://mainichi.jp/select/today/news/20100525k0000e040048000c.html

07年8月に突然死した飲食店チェーン「日本海庄や」従業員、吹上元康さん(当時24歳)の両親が、過重な時間外労働が原因だとして、経営する「大庄」(東京都大田区)と平辰社長ら役員4人に約1億円の損害賠償を求めた訴訟の判決が25日、京都地裁であった。大島真一裁判長は同社の安全配慮義務違反を認め、連帯して約7860万円を支払うよう命じた。

原告代理人の松丸正弁護士は「こうした訴訟で役員ら個人の責任を認めるのは珍しい」と話している。

判決によると、吹上さんは07年4月に入社し、大津市の石山駅店で調理や接客を担当。出勤日は午前8時半から午後11時まで働き、死亡前4カ月間の月平均時間外労働は過労死の認定基準(月80時間)を超える112時間に上っていた。

同社は基本給に時間外労働80時間分を組み込むシステムを採用。大島裁判長は「到底、労働者の生命・健康に配慮しているとは言えない」と指摘し、社長ら役員について「悪意か重大な過失で、そのような体制をとっていた」とした。

大津労働基準監督署は08年12月、死亡と業務の因果関係を認めて労災認定し、09年4月には大庄と石山駅店長を労働基準法違反容疑で書類送検している。

吹上さんの父、了(さとる)さん(61)=京都市=は「子供を返してほしいというのが今の気持ち。判決はうずもれている過労死の被害者に大きな励みになったのでは」と話した。

大庄は「遺族に改めてお悔やみ申し上げます。判決内容を検討して対応を考えたい」としている。

(2010.5.25 12:18 毎日jp)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月19日 (水)

「サクラ被害」の女性ら提訴 出会い系サイト

5/15のブログの続報ともいえるでしょう。
今後の動向に注目です。

【「サクラ被害」の女性ら提訴 出会い系サイト】
http://www.chunichi.co.jp/article/national/news/CK2010051902000209.html

会員に成り済ます「サクラ」を使った出会い系サイトに多額の利用料をだまし取られたとして、東京都と大阪府、岐阜県の30~40代の女性3人が19日、東京都新宿区の出会い系サイト運営会社など5社と代表者を相手取り、慰謝料など計858万円の損害賠償を求める訴えを東京地裁に起こした。原告側弁護士は「出会い系のサクラ被害で、女性が原告となる訴えは珍しい」としている。

訴状によると、女性3人は2007年11月から08年3月にかけて、携帯電話で別のインターネットサイトを閲覧したところ、出会い系サイト「AIR(旧NOw)」に自動登録された。AIRは他の会員にメールを送る場合、400円のポイント利用料がかかる仕組みで、女性には男性会員を装ったサクラから「会いたい」とのメールが頻繁に送信され、女性にメールを返信するよう仕向けたとしている。

昨年7月までに、大阪府の女性は552万円、東京都の女性は120万円、岐阜県の女性は43万円の利用料を、それぞれクレジットカードや銀行振り込みで支払った。

原告らは、同時刻に同一人物が同じ内容のメールを複数の会員に送っている▽サクラと思われる同じ会員が東京、福岡など複数の地域に登録されている-ことなどから「サクラを使った組織的な詐欺行為であることは明らか」と主張している。原告はサイト運営会社の業務審査を怠り詐欺行為に加担したとして、クレジット代行会社2社にも利用料の一部を賠償するよう求めた。

サイト運営会社の代理人弁護士は「訴状の内容を検討し、対応を考えたい」とコメントしている。

(2010.5.19 中日新聞 夕刊)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月15日 (土)

出会い系、「婚活」女性もトラブル続出

5/9のブログで紹介した消費生活相談員の方から聞いた話の続きですが、最近、特に30代・40代の女性の出会い系サイトに関する相談が、急増しているようです。

ご主人に内緒で出会い系サイトを利用していたが、ご主人のクレジットカードでもって利用料を払おうとしたが、払えなかったりとか、クレジットの利用が多すぎてクレジット会社から問い合わせがあったとかで、ご主人にバレるケースもあるようです。

そして、夫婦で役所に相談しに来られて、その足で離婚届を出すといった事例もあるようです。

(参考)
・「婚活」業者への苦情急増(2009.11.9)
・出会い系サイト「サクラ」が語る会えない仕組み(2010.5.9)

【出会い系、「婚活」女性もトラブル続出】
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20100515-OYT1T00262.htm

出会い系サイトの利用を巡り、高額な登録料や利用料を請求されてトラブルになるケースが多発し、名古屋市消費生活センターには昨年4月から今年2月までに、493人から相談が寄せられていたことがわかった。

100万円を超える額を支払ったという相談者は22人に上り、中には約1200万円に達したとする事例もあった。同センターは「極端に高額な請求の場合は詐欺の可能性もある」として、警察に相談するよう呼びかけている。

同センターによると、493人のうち、実際に支払いに応じたのは約3割の151人で、支払額は平均54万円だった。100万円超という相談者の内訳は男性9人、女性13人で、500万円以上は4人おり、年代別では40歳代が7人で最多だった。名古屋市の40歳代男性は、出会い系サイトを利用して女性とメール交換を続けたところ、利用料金を示すポイントが膨れ上がって約1200万円に達し、請求通りカードで支払ったという。

女性の相談者の中にも、業者や紹介相手を信用し、長期間にわたって利用を続けていたケースが目立つという。同センターは「婚活ブームもあって、出会い系サイトを利用する女性は増えているようだ。高額な請求の場合、業者の所在を確認したうえ、警察に相談してほしい」としている。

(2010.5.15 10:08 YOMIURI ONLINE)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月12日 (水)

「歯が折れたじゃないのよ!」女性がマクドナルドを訴える―中国

この記事を読んで、マクドナルド・コーヒー事件やバナナの皮事件を思い出しました。

ちなみに、バナナの皮事件とは、大学時代の英米私法の講義で勉強したの印象深い話で、2月の大学の同窓会でもこの話題が出ました。

アメリカでは、この事件のように、バナナの皮で足を滑らせて怪我した場合の不法行為による裁判事例が何例もあり、バナナの皮の状態や、事件が起きた状況等で、結論は様々です。

【「歯が折れたじゃないのよ!」女性がマクドナルドを訴える―中国】
http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2010&d=0512&f=national_0512_029.shtml

中国浙江省で、マクドナルドの店内で足を滑らせて転倒して前歯2本を折った女性が、店の責任としてマクドナルドに損害賠償を求めて裁判を起こした。中国新聞社が伝えた。

訴訟を起こしたのは20代の女性で、2月26日に同省内のマクドナルド店舗に入って同僚と注文品について話していた際に足を滑らせて転倒、前歯を2本折ったという。その後女性は歯の治療費1万元あまりを店側に支払うよう消費者協会に訴えたが、店側はごく一部のみを支払う意思しかないことを通達され、怒り心頭に発した女性は現地の法院に訴えを起こすことを決意した。

女性の訴えによれば、当日は雨が降っていて店内の床が濡れていたにもかかわらず、店側は「転倒注意」のサインを出すなどの安全管理を怠ったとのことで、女性は「責任は店側にある」と主張している。これに対しマクドナルド側は「被告は著名な飲食チェーンとして、厳格に管理を行っており、滑りやすい状況が発生することはあり得ない。原告は成年であり、行動や危機管理は自分で責任を持つべきだ」と主張。さらに、当時の状況からして女性は食事目的ではなくトイレ利用もしくは近道のために店内に入ったとの疑いも示した。

双方の主張が大きく食い違っていることから、法廷は調停による解決を断念、ほどなく判決が言い渡されるとのことだ。

(2010.5.12 15:35 Serchina)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月10日 (月)

医師法違反:偽女医を逮捕 免許ないのに勤務を志願…岩手

この事件は、医師免許や履歴書の提示に応じず、ようやくFAXで送られてきた医師免許に厚生労働大臣印などがないことにおかしいと気づいたことから発覚したようです。

我々の業務でいう本人確認も、いい加減にやっていると、これに類似した事態になりかねないと、ふと感じた事件です。

【医師法違反:偽女医を逮捕 免許ないのに勤務を志願…岩手】
http://mainichi.jp/select/today/news/20100510k0000m040045000c.html?link_id=RTH05

医師不足に悩む岩手県宮古市の県立○○病院(△△△△院長、387床)に医師と偽り勤務しようとしたとして、県警宮古署は8日夜、自称大阪市天王寺区上本町5、無職、××××容疑者(44)を医師法違反容疑で現行犯逮捕した。共に勤務予定だった知人男性(自称38歳)も偽医者だったとみて事情を聴いている。

逮捕容疑は、8日午後6時半ごろ、宮古市和見町の同病院官舎前で、職員に対し、医師免許がないのに循環器科の医師と虚偽の申告をした疑い。2人は10日から勤務予定で、8日に宮古入りしていたという。

同病院によると、××容疑者は08年11月ごろ、大阪市内の病院の医師と名乗って○○病院に電話し、「ニュースで岩手の医師不足を知り、手助けがしたい」などと話した。このため同病院は、××容疑者と知人男性を09年末から2、3回面接し、4月中旬に採用を決めた。だが2人は医師免許や履歴書の提示に応じず、今月6日にようやくファクスで医師免許を送ってきたが、厚生労働大臣印などが無いことなどから、県医療局を通じ宮古署に相談していた。

県医師支援推進室によると、県内の人口10万に対する医師数は191.9人(08年)で全国37位。宮古地区も医師不足が深刻で、同病院は循環器科の常勤医が不在のため、他病院から派遣を受けていた。常勤医は年収約2000万円。公募はしていなかった。

△△院長は「常勤医が欲しいとの思いから、疑問な点も見過ごしてしまった。市民の期待や安心を踏みにじる結果になってしまい申し訳ない」と話した。

(2010.5.9 23:43 毎日jp)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月 9日 (日)

出会い系サイト「サクラ」が語る会えない仕組み

先日、とある自治体の消費生活相談員の方からお話を聞いたのですが、最近、アダルト・出会い系サイトに関する被害相談は、急増しているようです。

この記事のように、アダルト・出会い系サイトの仕組み等がもっと明らかになって、被害者救済につながればと期待しています。

【出会い系サイト「サクラ」が語る会えない仕組み】
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20100508-OYT1T00609.htm?from=main5

大阪市淀川区のインターネットサービス会社社長ら5人が出会い系サイト利用料を架空請求したとされる詐欺事件で、約1万4000人から振り込まれた総額約2億円の中には、「サクラ」を使った偽の出会い系サイトで得た利用料も含まれていたことが、大阪府警の調べでわかった。

同社のサクラだったという同市内の女性(24)が読売新聞の取材に応じ、「絶対出会えない」仕組みを証言した。

2008年夏、女性はアルバイト情報誌に「ウェブ管理」とある募集を見て、同社を訪れた。男性社員は「それは締め切った」と言って時給1000円の別の仕事を勧め、「会員にメールを送るのが仕事。やり方は、先輩に聞けばわかるから」と説明した。

通されたオフィスに約20台のパソコンが並び、若い男女約10人がキーボードをたたいていた。空席に座ると、隣の女性が「出会い系サイトの返信役」と教えてくれた。

次々とメールが入ってきた。サクラのプロフィルや「丁寧な言葉遣い」「絵文字を多用」などの特徴は、相手の会員ごとに決まっており、画面には、その注意が表示される。交信履歴を見ながら、つじつまの合う文を書く。会員は男性だけで、男性アルバイトも女性になりすましていた。

「(会員の)近くに住んでいるように装って」とアドバイスされ、メールを送った。

「会えないかな」というメールが来て「どうしたらいいですか」と先輩に尋ねると、「じらすか、『忙しい』と言ってはぐらかしてやりとりを続けて」。

履歴を読むと、待ち合わせをして、寸前で「風邪を引いた」などと取りやめているケースがいくつもあった。それでも相手からは、「大丈夫?」と気遣うメールが来ていた。

やりとりのたびに会員には料金がかかる。女性は約20人にメールを送り、罪悪感からその日でアルバイトを辞めたという。府警は、2億円のうちどの程度がこの偽サイトによるものか、内訳の特定を進めている。

(2010.5.8 15:41 YOMIURI ONLINE)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月 8日 (土)

およげ!たいやきくん

昭和50年に大ヒットした「およげ!たいやきくん」のモデルとなったとされる東京・麻布十番のたい焼き店「浪花家総本店」3代目、神戸守一(かんべ・もりかず)さんが、前立腺がんのため今月5日に86歳で亡くなられました。
ご冥福をお祈りいたします。
http://www.sanspo.com/shakai/news/100508/sha1005080505009-n1.htm

「およげ!たいやきくん」は、私の幼少の頃の大ヒット曲で、当時は、TVやレコードでよく聞いていました。

You Tube で貼り付けた「およげ!たいやきくん」の動画をお楽しみ下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月 1日 (土)

トムとジェリー

皆さん、GWはいかがお過ごしですか。

私は、今日、歯医者の定期健診に行ってきました。

私が通う歯医者では、個々の診察席がパソコンとつながっており、通常は、トムとジェリーが流れています。

トムとジェリーは子どもの頃によく観ていたせいか、肝心の診察よりも、トムとジェリーを楽しみにしているところがあります。

せっかくなので、You Tube で貼り付けた動画をお楽しみ下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »