« およげ!たいやきくん | トップページ | 医師法違反:偽女医を逮捕 免許ないのに勤務を志願…岩手 »

2010年5月 9日 (日)

出会い系サイト「サクラ」が語る会えない仕組み

先日、とある自治体の消費生活相談員の方からお話を聞いたのですが、最近、アダルト・出会い系サイトに関する被害相談は、急増しているようです。

この記事のように、アダルト・出会い系サイトの仕組み等がもっと明らかになって、被害者救済につながればと期待しています。

【出会い系サイト「サクラ」が語る会えない仕組み】
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20100508-OYT1T00609.htm?from=main5

大阪市淀川区のインターネットサービス会社社長ら5人が出会い系サイト利用料を架空請求したとされる詐欺事件で、約1万4000人から振り込まれた総額約2億円の中には、「サクラ」を使った偽の出会い系サイトで得た利用料も含まれていたことが、大阪府警の調べでわかった。

同社のサクラだったという同市内の女性(24)が読売新聞の取材に応じ、「絶対出会えない」仕組みを証言した。

2008年夏、女性はアルバイト情報誌に「ウェブ管理」とある募集を見て、同社を訪れた。男性社員は「それは締め切った」と言って時給1000円の別の仕事を勧め、「会員にメールを送るのが仕事。やり方は、先輩に聞けばわかるから」と説明した。

通されたオフィスに約20台のパソコンが並び、若い男女約10人がキーボードをたたいていた。空席に座ると、隣の女性が「出会い系サイトの返信役」と教えてくれた。

次々とメールが入ってきた。サクラのプロフィルや「丁寧な言葉遣い」「絵文字を多用」などの特徴は、相手の会員ごとに決まっており、画面には、その注意が表示される。交信履歴を見ながら、つじつまの合う文を書く。会員は男性だけで、男性アルバイトも女性になりすましていた。

「(会員の)近くに住んでいるように装って」とアドバイスされ、メールを送った。

「会えないかな」というメールが来て「どうしたらいいですか」と先輩に尋ねると、「じらすか、『忙しい』と言ってはぐらかしてやりとりを続けて」。

履歴を読むと、待ち合わせをして、寸前で「風邪を引いた」などと取りやめているケースがいくつもあった。それでも相手からは、「大丈夫?」と気遣うメールが来ていた。

やりとりのたびに会員には料金がかかる。女性は約20人にメールを送り、罪悪感からその日でアルバイトを辞めたという。府警は、2億円のうちどの程度がこの偽サイトによるものか、内訳の特定を進めている。

(2010.5.8 15:41 YOMIURI ONLINE)

|

« およげ!たいやきくん | トップページ | 医師法違反:偽女医を逮捕 免許ないのに勤務を志願…岩手 »

消費者問題」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/544221/48315183

この記事へのトラックバック一覧です: 出会い系サイト「サクラ」が語る会えない仕組み:

« およげ!たいやきくん | トップページ | 医師法違反:偽女医を逮捕 免許ないのに勤務を志願…岩手 »