« 出会い系、「婚活」女性もトラブル続出 | トップページ | 過労死訴訟:「日本海庄や」社長らに7860万円賠償命令 »

2010年5月19日 (水)

「サクラ被害」の女性ら提訴 出会い系サイト

5/15のブログの続報ともいえるでしょう。
今後の動向に注目です。

【「サクラ被害」の女性ら提訴 出会い系サイト】
http://www.chunichi.co.jp/article/national/news/CK2010051902000209.html

会員に成り済ます「サクラ」を使った出会い系サイトに多額の利用料をだまし取られたとして、東京都と大阪府、岐阜県の30~40代の女性3人が19日、東京都新宿区の出会い系サイト運営会社など5社と代表者を相手取り、慰謝料など計858万円の損害賠償を求める訴えを東京地裁に起こした。原告側弁護士は「出会い系のサクラ被害で、女性が原告となる訴えは珍しい」としている。

訴状によると、女性3人は2007年11月から08年3月にかけて、携帯電話で別のインターネットサイトを閲覧したところ、出会い系サイト「AIR(旧NOw)」に自動登録された。AIRは他の会員にメールを送る場合、400円のポイント利用料がかかる仕組みで、女性には男性会員を装ったサクラから「会いたい」とのメールが頻繁に送信され、女性にメールを返信するよう仕向けたとしている。

昨年7月までに、大阪府の女性は552万円、東京都の女性は120万円、岐阜県の女性は43万円の利用料を、それぞれクレジットカードや銀行振り込みで支払った。

原告らは、同時刻に同一人物が同じ内容のメールを複数の会員に送っている▽サクラと思われる同じ会員が東京、福岡など複数の地域に登録されている-ことなどから「サクラを使った組織的な詐欺行為であることは明らか」と主張している。原告はサイト運営会社の業務審査を怠り詐欺行為に加担したとして、クレジット代行会社2社にも利用料の一部を賠償するよう求めた。

サイト運営会社の代理人弁護士は「訴状の内容を検討し、対応を考えたい」とコメントしている。

(2010.5.19 中日新聞 夕刊)

|

« 出会い系、「婚活」女性もトラブル続出 | トップページ | 過労死訴訟:「日本海庄や」社長らに7860万円賠償命令 »

消費者問題」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/544221/48403486

この記事へのトラックバック一覧です: 「サクラ被害」の女性ら提訴 出会い系サイト:

« 出会い系、「婚活」女性もトラブル続出 | トップページ | 過労死訴訟:「日本海庄や」社長らに7860万円賠償命令 »