« 本日より改正貸金業法が完全施行 | トップページ | 今週の天気予報 »

2010年6月25日 (金)

戸籍や住民票の請求

電話帳を見て当事務所に電話をいただいた方から、このような問い合わせがありました。

「何十年も前に卒業した小学校の先生と連絡がとりたいのだけど、司法書士さんが調べることができるのかなぁ」

もちろん、このようなことはできません。

この方は、司法書士をはじめとする士業が、職権で戸籍や住民票を請求することができることを知っておられるようなので、このような問い合わせをされたようです。

当然、われわれ司法書士をはじめとする士業が、職権で戸籍や住民票を請求することができるのは、あくまで、受任している事件又は事務に関する業務を遂行するために必要がある場合に限ります(時々、士業でこの職務上請求を不正使用して、懲戒処分を受けたり、事件化されている報道を耳にされたこともあると思います)。

しかも、この問い合わせは、とても、われわれの職務の範囲とは言えません。

戸籍には婚姻・離婚など、住民票では住所などの個人情報が記載されていますから、厳格になるのは当然です。

特に、平成20年5月の戸籍法の改正以降は、より厳しくなっています。
http://www.moj.go.jp/MINJI/minji150.html

|

« 本日より改正貸金業法が完全施行 | トップページ | 今週の天気予報 »

職業倫理等」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/544221/48717914

この記事へのトラックバック一覧です: 戸籍や住民票の請求:

« 本日より改正貸金業法が完全施行 | トップページ | 今週の天気予報 »