« 小規模金融特区構想に反対する会長声明 | トップページ | 被害者の半数は20~30代 「架空請求詐欺」の手口と対策 »

2010年7月14日 (水)

クリックに注意!

私に限らず、かなりの司法書士が使っていると思いますが、「登記情報提供サービス」といって、登記簿に記録されている登記情報をインターネットを利用して利用者のパソコン等の画面に登記情報(以下「ネット謄本」といいます)を表示する有料サービスがあります。

商業登記のネット謄本を表示させるには、検索後に会社の一覧が表示され、そこに表示される会社名をクリックすると、ネット謄本が表示され、課金されるシステムになっています。

いつもと同じようにクリックさせてもなかなか表示されないので、もう1回クリックしようとしたところで表示されはじめました。

しかし、気づいたときには既に2回目のクリックをしてしまい、あとで料金を確認すると、やはり2回分の課金がされてしまいました。

インターネットでは、余分なクリックでもって、トラブルになることも多いです。

みなさんも、クリックするときは、注意しましょう。

(注)なお、ネット謄本は、認証文・公印等が付加されないので登記事項証明書(登記簿謄本)等とはなりません。

|

« 小規模金融特区構想に反対する会長声明 | トップページ | 被害者の半数は20~30代 「架空請求詐欺」の手口と対策 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/544221/48875217

この記事へのトラックバック一覧です: クリックに注意!:

« 小規模金融特区構想に反対する会長声明 | トップページ | 被害者の半数は20~30代 「架空請求詐欺」の手口と対策 »