« TBS:番組で誤った情報、訂正し謝罪 | トップページ | 「金貨の“即”現金化」に注意!-後払い、転売で負債が膨らむトラブルが増加- »

2010年8月27日 (金)

昭和55年12月31日以前の相続

本日、昭和55年に亡くなられた方の相続についての法律相談を受けました。

現在の相続についての規定は、昭和55年の民法改正(昭和56年1月1日施行)によって規定されています。

昭和55年12月31日以前の相続と、昭和56年1月1日以降の相続で、次の点が異なりますので、ご注意下さい。

【昭和22年5月3日から昭和55年12月31日に被相続人が死亡した場合】

①法定相続分

 相続人が子と配偶者の場合   子(全員で)2/3・配偶者1/3

 相続人父母と配偶者の場合   父母(全員で)1/2・配偶者1/2

 相続人兄弟姉妹と配偶者の場合 兄弟姉妹(全員で)1/3・配偶者2/3

②兄弟姉妹にも再代襲相続があります

【昭和56年1月1日以降に被相続人が死亡した場合(現行法)】

①法定相続分

 相続人が子と配偶者の場合   子(全員で)1/2・配偶者1/2

 相続人父母と配偶者の場合   父母(全員で)1/3・配偶者2/3

 相続人兄弟姉妹と配偶者の場合 兄弟姉妹(全員で)1/4・配偶者3/4

②兄弟姉妹には再代襲相続はありません

相続手続の流れはこちらをご覧下さい。
【藤谷司法書士事務所】の相続のページ
【藤谷司法書士事務所】の相続登記のページ

|

« TBS:番組で誤った情報、訂正し謝罪 | トップページ | 「金貨の“即”現金化」に注意!-後払い、転売で負債が膨らむトラブルが増加- »

相続」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/544221/49267820

この記事へのトラックバック一覧です: 昭和55年12月31日以前の相続:

« TBS:番組で誤った情報、訂正し謝罪 | トップページ | 「金貨の“即”現金化」に注意!-後払い、転売で負債が膨らむトラブルが増加- »