« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »

2010年9月

2010年9月28日 (火)

結局、武富士、会社更生法適用を申請

昨日、いろいろと情報が錯綜しましたが、結局、今日、武富士は、会社更生法適用を申請しましたね。

【武富士:会社更生法の適用申請 負債額約4336億円】
http://www.mainichi.jp/select/biz/news/20100929k0000m020008000c.html

消費者金融大手の武富士は28日午後、東京地裁に会社更生法適用を申請した。東京商工リサーチによると、負債額は約4336億円。

武富士は同日午後の臨時取締役会で、経営責任を取って清川昭社長と創業家の武井健晃副社長が辞任することを決定。後任社長には、吉田純一取締役(42)が就任した。

利用者が利息制限法の上限を超えて支払った利息(過払い金)の返還額は、大幅にカットされる見通しだ。

(2010.9.28 17:58 毎日jp.)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月27日 (月)

過払い債務圧縮狙う=会社更生法申請へ-武富士

朝から色々と情報が錯綜しましたが、一両日中に会社更生法を申請される模様です(一応、武富士は否定していますが)。

武富士がヤバイ状況であるとの情報は入っていましたが、まさかこんな早くにこのような状況になるとは・・・

【過払い債務圧縮狙う=会社更生法申請へ-武富士】
http://www.jiji.com/jc/zc?key=%c9%f0%c9%d9%bb%ce&k=201009/2010092700765

消費者金融大手の武富士は27日、東京地裁に近く会社更生法の適用を申請する方向で最終調整に入った。各種の再建手続きの中から更生法を選択した背景には、過去に受け取った利息制限法の上限金利を超える過払い利息の返還負担を大幅に圧縮でき、再建支援企業の早期選定に有利になるとの読みがあるようだ。

更生法は民事再生法と比べ、経営権を引き継ぐ管財人が債権者に対してより強い権限を行使できる。中でも、更生計画認可前の一定期間内に借り手から届け出のない過払い請求権が失効する「失権効」の制度は、6月末時点で100万人弱の利用者がいる同社にとって大きな利点がある。

同業のアイフルが昨年、経営に行き詰まった際には、全債権者の同意を得る「事業再生ADR(裁判外紛争解決手続き)」という私的整理の一種を使った。この再建手法は債務返済の先送りが主な目的で、新たな再建支援企業を探すために大幅な債務削減が不可欠な今回のようなケースにはそぐわないという。

日本航空の管財人を務める企業再生支援機構の内部では、武富士を支援する案が一部で浮上していたが、かつて強引な取り立てで社会問題化した業種や盗聴事件の舞台となった企業の再建を公的に支援することについて、政府内の慎重論も根強かった。過払い債務がどれだけの規模になるのか見通せないことも障害となったようだ。

(2010.9.27 20:45 時事ドットコム)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月24日 (金)

祝!イチロー、10年連続200本安打!

イチロー最高!10年連続200本安打、おめでとうございます。

今朝起きて、私にとっての第1報がこのニュースでした。

正直、日本に明るさがなかなか見られない中、イチローの活躍は日本に明るさをもたらしてくれていると思います。

年間200安打10回はピート・ローズに並ぶメジャータイ記録。

来年、11年連続でもって、ピート・ローズの記録を超えてほしいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月17日 (金)

老後も安心! 認知症にならないための眠り方

認知症にならないための眠り方に関するコラムがありましたので紹介します。

日常生活の対応で認知症にならないで済むのなら、こんなありがたいことはないです。

少なくとも、ここに書いていることを実行したからといって、健康上、デメリットがあるとも思えませんから・・・(実行できるかどうかは別ですが)。

【老後も安心! 認知症にならないための眠り方】
http://allabout.co.jp/gm/gc/290797/

■ 高齢者の20人に1人が認知症による睡眠障害

歳をとるにつれて睡眠の質が悪くなり、不眠症になりやすくなります。

不眠症状がある人は、すべての年齢で見ると5人に1人ですが、65歳以上の方では半数が不眠症状を訴えています。さらに、慢性的に不眠に悩む人は、全年齢では10人に1人なのに、65歳以上に限ると5人に1人と倍増します。

高齢者に多い睡眠障害は、睡眠時無呼吸症候群やむずむず脚症候群、周期性四肢運動障害ですが、うつ病や認知症による睡眠障害もよくみられます。認知症による睡眠障害は、65歳以上の高齢者の5%がかかっている、と報告されています。

アルツハイマー型認知症になると、初めの頃は記憶を司る脳の部分が主に障害されます。認知症が進行すると、脳のほかの部分も異常をきたします。生体リズムの中枢である体内時計が壊れると、睡眠と覚醒のリズムがおかしくなり、睡眠リズム障害を起こします。

昼間は眠ってばかりいて夜に目覚めて騒ぎ出す、昼夜逆転の生活になる人がいます。睡眠と覚醒がバラバラに現れる「不規則型睡眠リズム障害」の形をとることもあります。このような認知症の方の睡眠障害は、介護する人の負担を増やし、さらには介護者の睡眠障害を引き起こすことが多く、介護の世界では大きな問題になっています。

まだ聞きなれないかもしれませんが、最近増えている認知症の1つに「レビー小体型認知症」があります。この病気は認知症状のほかに、身体が硬くなるパーキンソン病に似た症状や、実際にはないものが見える幻視があります。

睡眠に関する症状としては、「レム睡眠行動障害」が見られます。健常な人なら、夢の中でとった行動を実際にすることはありません。しかし、レム睡眠行動障害になると、例えば喧嘩をする夢を見たときに、実際に腕や脚を振り回して隣で寝ている人に危害を加えてしまうことがあります。ごくまれですが、殺人事件に発展してしまうこともあります。

■ 認知症にならないための眠り方

高齢者が一般的な睡眠薬を使うと、翌日まで催眠作用が持ち越されるなど、副作用が起こりやすくなります。

そのため、認知症による睡眠障害の治療では、睡眠薬の服用はなるべく控えて、睡眠環境を整えたり生活習慣を良くすることが大切です。

睡眠の状態が悪いと、認知症になりやすいことも分かってきました。習慣的に1時間以上の昼寝をしていた人は、そうでない人に比べて認知症になる確率が2倍になります。一方、毎日30分以内の昼寝をとっていると、認知症になる人を5分の1に減らすことができます。

認知症にならないため、高齢者に勧められている生活習慣や睡眠環境を以下にご紹介します。

・睡眠環境を整える
暗くて静かな部屋で眠りましょう。真っ暗が不安なら、豆電球のフットライトを点けておきます。眠りやすい寝室の温度は16~26℃、湿度は50~60%です。エアコンなどを上手に使って、温度と湿度を調整してください。

・十分に日の光に当たる
光は覚醒度を上げる大切な要因です。日中、明るいところで過ごすと、覚醒と睡眠のリズムにメリハリがついて、夜にはグッスリと眠れます。

・定時の就床と起床を心がける
特に、目覚める時刻を一定にすると、体内時計がきちんと働いてくれます。目覚めて明るい光を見た時刻から14~16時間たつと、睡眠ホルモン・メラトニンが分泌されて、自然に眠たくなってきます。

・上手に昼寝する
午後3時までに30分以内の昼寝なら、認知症の予防にもなります。それ以降の長い時間の昼寝は、夜の睡眠の質を悪くするので止めておきましょう。ベッドや寝床は、睡眠のためだけに使いましょう。

・定時の食事や運動を心がける
睡眠の目的の1つが、心身の疲労回復です。活動量が少なければ、あまり眠らなくても良いというわけです。日中にしっかり身体と頭を使っておけば、夜には疲れて眠くなってきます。

・夕方以降に水分を摂り過ぎない
熱中症や脱水症の予防のため、必要な水分をとることはとても大切です。しかし、夜中に3回以上もトイレのために目覚めるときには、眠る前の水分量を見直してみてください。

・過眠や不眠の原因となる薬剤に注意
夕食後はカフェインやニコチンを摂らないようにしましょう。降圧薬や副腎皮質ステロイド、パーキンソン病治療薬、抗うつ薬などの中には睡眠障害を起こすものもあります。薬が原因と考えられる場合には、主治医と相談してみてください。

・痛みや痒みに十分対処する
ストレスよりも身体の症状のほうが、不眠の原因になりやすいことが分かっています。高齢者に多い関節や首・腰の痛み、身体の痒みは、シッカリ治療しておきましょう。

・アリセプトの午後以降の服薬を避ける
アルツハイマー型認知症を発症したら、治療薬である「アリセプト」はなるべく朝に服用しましょう。この薬は脳を活性化する作用があるので、午後以降に飲むと夜に眠られなくなることがあります。

生活習慣や睡眠環境に少し気をつけるだけで、認知症になりにくくなります。また、認知症になっても、グッスリ眠ってスッキリ目覚められれば、穏やかな日々を過ごすことができます。ここにあげた項目のうち、1つでも良いですので、今日から実行してみてください。

(All About 2010.9.11 )

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月16日 (木)

cookie に邪魔されて・・・

今週、突然に、事務所のPCのメールがログインできずに困っていました。

プロバイダーに問い合わせた結果、cookieがログインの邪魔をしていたことがわかり、既にログインできる状態にはなっています。

ところが、この問題を解決させる段階で、閲覧履歴の削除(ツール→インターネットオプション)のパスワードを削除させています。

つまり、以前にアクセスしたWebサイトにサインインしたときに自動的に入力される保存されたパスワードが削除されたのです。

その結果、今日になってですが、問題解決後にサイトに入るのに、ユーザー名とパスワードをいちいち入力しないといけないので、面倒でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月 9日 (木)

とにかく無視して下さい!

今日、携帯メールの迷惑フォルダを久しぶりにチェックしたら、架空請求のメールが2通ありました。

過去にも1度、架空請求のメールが来て、もちろん無視しました。

今回は2通(2社)あり、もちろん相手にはしませんが、注意喚起のために分析してみます。

今回の2通は、いずれも携帯電話端末より認証ネットワーク事業者センターを介して、以前に登録したサイトの退会手続をしていないため、登録料金・利用料金が発生しているといったものです。

そして、いずれも具体的な金額は示さず、身辺調査をするなどといってプレッシャーをかけて連絡させたうえでカモにするというのが見え見えの内容といえます。

とにかく、皆さんも、わかっているとは思いますが、この手のメールが来た場合は、とにかく無視して下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月 2日 (木)

「金貨の“即”現金化」に注意!-後払い、転売で負債が膨らむトラブルが増加-

昨日の国民生活センターの報道発表によると、消費者金融などから借金ができない消費者をターゲットとした、新たな手口である「金貨の即現金化」に関する相談が、全国の消費生活センターに寄せられているようです。
http://www.kokusen.go.jp/news/data/n-20100901_2.html

被害事例の多数が負債を膨らます結果となっており、実際に出資法違反で逮捕されている事例もあります。

絶対に利用しないよう、気をつけて下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »