« 武富士、会社更生手続き開始決定 | トップページ | 結婚相手紹介サービスのトラブルが増加 -法規制後も目立つ、高額な解約料や説明不足によるトラブル- »

2010年11月 7日 (日)

連帯保証人の相続

先日、被相続人が連帯保証人になっていた場合に、相続人は連帯保証人の地位を相続しなければならないのかという質問を受けました。

結論から申し上げますと、原則として相続されることになります。

なぜならば、相続は、被相続人の財産上の権利義務を包括的に継承することだからです。

例外的に、身元保証や信用保証などの継続的保証については、相続されない場合があります。

したがって、被相続人が連帯保証人になっていた場合には、債権者に連帯保証人の変更をしてもらうか、相続放棄・限定承認をすることになります。

但し、連帯保証人の変更や相続放棄・限定承認といった方法が採れない場合、債務整理など他の解決方法を探らなければいけない場合も考えられます。

具体的な解決策は、個々の事案によって異なりますので、法律の専門家に相談されることをお勧めします。

事務所のHPです。よろしければご覧下さい。
【藤谷司法書士事務所】大阪市淀川区(新大阪・西中島南方)

|

« 武富士、会社更生手続き開始決定 | トップページ | 結婚相手紹介サービスのトラブルが増加 -法規制後も目立つ、高額な解約料や説明不足によるトラブル- »

相続」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/544221/49963304

この記事へのトラックバック一覧です: 連帯保証人の相続:

» ケノーベルからリンクのご案内(2010/11/08 09:15) [ケノーベル エージェント]
大阪市淀川区エージェント:貴殿の記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載いたしました。訪問をお待ちしています。 [続きを読む]

受信: 2010年11月 8日 (月) 09時15分

« 武富士、会社更生手続き開始決定 | トップページ | 結婚相手紹介サービスのトラブルが増加 -法規制後も目立つ、高額な解約料や説明不足によるトラブル- »