« 借地上の建物の売買 | トップページ | 震災に関する消費生活情報 »

2011年5月26日 (木)

政府防災委員、地震予測できず起訴…過失致死罪

これはイタリアの話です。

しかしながら、この記事を最初に知ったときに、東日本大震災がおこってしまってナーバスな状況で、日本社会もおかしな方向に行っていることから、日本でも同じことが起こるのではと、ふと思ってしまいました。

【政府防災委員、地震予測できず起訴…過失致死罪】
http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20110526-OYT1T00324.htm

【ローマ=末続哲也】300人以上が死亡した2009年4月のイタリア中部ラクイラの震災で、ラクイラ地裁の予審判事は25日、イタリア政府防災委員会に所属する地震研究者ら専門家7人を過失致死罪で起訴した。

前兆とみられる微震が相次いだのに、住民への適切な情報提供を怠ったとしている。初公判は9月の予定。自然災害を予測できなかったことが罪に問われる異例の裁判となる。

イタリア国内メディアの報道によると、地元では同年1月半ばから震災までに約200回の微震が観測され、大地震の前兆との見方が広がっていた。しかし、自然災害の危険性に関する判断を任されていた専門家7人は、震災1週間前に「大地震が起きる可能性は低い」との見解を表明。住民には自宅にとどまるよう呼びかけ、これが死傷者の増大につながったとされる。

(2011.5.26 10:42 YOMIURI ONLINE)

|

« 借地上の建物の売買 | トップページ | 震災に関する消費生活情報 »

裁判関係」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/544221/51776650

この記事へのトラックバック一覧です: 政府防災委員、地震予測できず起訴…過失致死罪:

« 借地上の建物の売買 | トップページ | 震災に関する消費生活情報 »