« 武富士:過払い利息の弁済率3.3%に 更生計画案を提出 | トップページ | ガイドライン再改訂で退去時の原状回復はどうなる? »

2011年7月20日 (水)

中国、「讃岐うどん」商標登録で異議認める

最初、中国で「讃岐うどん」商標登録の申請を出されたことを知ったときは、思わず耳を疑いました。

妥当な判断をしていただけて、よかったです。

【中国、「讃岐うどん」商標登録で異議認める】
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20110719-OYT1T01193.htm

中国語で讃岐うどんを意味する「讃岐烏冬」の商標が、中国で出願されていた問題について、中国商標局が、登録を認めない決定をしたことがわかった。

異議申し立てをしていた香川県が19日、発表した。

商標は、上海市内の個人が2006年2月に申請し、同局が09年5月に公告。これに対し、県や業界団体など4者が共同で同年8月、異議を申し立てていた。同局からの異議決定書が、代理人の弁理士を通じて、15日に県に伝えられたという。

決定書では「『讃岐』は日本の古い地名、『烏冬』は日本の麺で、讃岐地域の特産品として有名」と認め、「日本特産の麺として中国で先行して使用され、公衆に熟知されているため、登録は誤認を生じさせやすい」と指摘した。

県の天雲(てんくも)俊夫副知事は「讃岐うどんが中国でも広く知られていると公式に認められた」とコメントした。

(2011.7.20 8:01 YOMIURI ONLINE)

|

« 武富士:過払い利息の弁済率3.3%に 更生計画案を提出 | トップページ | ガイドライン再改訂で退去時の原状回復はどうなる? »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/544221/52259953

この記事へのトラックバック一覧です: 中国、「讃岐うどん」商標登録で異議認める:

« 武富士:過払い利息の弁済率3.3%に 更生計画案を提出 | トップページ | ガイドライン再改訂で退去時の原状回復はどうなる? »