« 函館夜景の日 | トップページ | あれからちょうど30年 »

2011年8月20日 (土)

夫が亡くなった後で、夫の親に対して扶養義務は?

Q:夫が亡くなった後でも、夫の親に対して扶養義務はあるのでしょうか。

A:「姻族関係終了届」を提出すれば、扶養義務はなくなります。

【解説】

法律上、結婚すると配偶者の父母や兄弟姉妹などの間に、「姻族」という関係が成立します。

姻族の関係は、離婚すると当然に消滅しますが、配偶者が亡くなった場合は、当然には消滅しません。

したがって、配偶者の死後、配偶者の親に対して扶養義務を負いたくないなど、配偶者の血族との縁を切りたい場合は、「姻族関係終了届」を提出することになります。

「姻族関係終了届」は、配偶者の死亡届が受理された後であれば、いつでも本籍地または住所地の市区町村役場に提出することができます。

そして、この届出をするにあたって、配偶者の血族の了解は不要です。

|

« 函館夜景の日 | トップページ | あれからちょうど30年 »

家族法関係」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/544221/52523300

この記事へのトラックバック一覧です: 夫が亡くなった後で、夫の親に対して扶養義務は?:

« 函館夜景の日 | トップページ | あれからちょうど30年 »