« 変換が変? | トップページ | 仕事納め »

2011年12月23日 (金)

認知症状の入居者にバーベル=虐待で老人ホームに改善命令-香川

このような虐待事案が起こること自体、非常に残念なことです。

記事の情報だけしか判断材料はありませんが、市から県に報告が入り、老人福祉法に基づく改善命令が出るまでに、時間がかかりすぎてる気もします。

もちろん、事象の性格上、慎重な対応が必要なのはわかりますが、虐待されている状態が長引かないようにするためにも、行政の迅速な対応が検討課題と思われます。

【認知症状の入居者にバーベル=虐待で老人ホームに改善命令-香川】
http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2011122201128

認知症状のある入居者をバーベルのプレートにつなぐなどの虐待をしたとして、香川県は22日、三豊市山本町神田の有限会社和楽(石川正光取締役)が運営する有料老人ホーム「和楽の郷」に老人福祉法に基づく改善命令などを出した。

県によると、同施設では2008~09年、入居者の女性を夕方から朝までペット用のケージに閉じ込めたほか、09年9~12月には、同じ女性に重さ6.8キロのバーベルのプレートをチェーンでくくりつけた。07年から今年にかけては、入居者らにおむつを複数枚着用させた上、自分で脱ぐことができない留め具付きの介護服を着せるなどした。

昨年、入居者と施設の間でトラブルがあり、施設の対応に疑問を持った三豊市が今年1月、県に報告。県は監査などを行い、施設の管理者ら6人が70~90代の入居者8人に虐待行為をしていたと認定した。

(2011.12.22 23:55 時事ドットコム)

|

« 変換が変? | トップページ | 仕事納め »

事件・事故・社会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/544221/53551866

この記事へのトラックバック一覧です: 認知症状の入居者にバーベル=虐待で老人ホームに改善命令-香川:

« 変換が変? | トップページ | 仕事納め »