« 身近な人がうつ病になったときの接し方 | トップページ | 未払いNHK受信料、5年分9万円支払い命令 »

2012年1月27日 (金)

嫡出子:性同一性障害の男性 子供めぐり不服申し立てへ

家族法分野で、今まで想定していない事例が司法の場で問題になるケースは増えることでしょう。

【嫡出子:性同一性障害の男性 子供めぐり不服申し立てへ】
http://mainichi.jp/select/jiken/news/20120128k0000m040061000c.html

性同一性障害で戸籍の性別を女性から男性に変えた東大阪市の会社員の男性(29)と妻(30)が、第三者から精子の提供を受けもうけた男児(2)を法律上の夫婦の子である「嫡出子」と認めないのは不当だとして、東京家庭裁判所に不服を申し立てることを決めた。27日に本籍がある東京都新宿区役所に出生届を出したが、認められなかったため。こうした問題が司法の場で問われるのは初めて。

夫婦は男児が生まれた時に、当時住んでいた兵庫県宍粟(しそう)市に出生届を出したが、「遺伝的に父子関係がないのは明らか」として嫡出子として認められず、届け出を取り下げた。男児は今も無戸籍の状態だ。27日に対応した新宿区役所職員は「非嫡出子(婚外子)として書き直すよう求める書面を送る。応じてもらえない場合は区長の権限で非嫡出子として戸籍に記載する」と説明した。

男性は「一般の夫婦では提供精子でもうけた子が嫡出子になっている。なぜ性同一性障害だと法的に男性になった後も差別を受けるのか」と訴えている。

(2012.1.27 20:00 毎日.jp)

|

« 身近な人がうつ病になったときの接し方 | トップページ | 未払いNHK受信料、5年分9万円支払い命令 »

家族法関係」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/544221/53839243

この記事へのトラックバック一覧です: 嫡出子:性同一性障害の男性 子供めぐり不服申し立てへ:

« 身近な人がうつ病になったときの接し方 | トップページ | 未払いNHK受信料、5年分9万円支払い命令 »