« 嫡出子:性同一性障害の男性 子供めぐり不服申し立てへ | トップページ | 野田首相「被災地の期待に応える」=復興庁始動、縦割り行政克服が課題 »

2012年2月 1日 (水)

未払いNHK受信料、5年分9万円支払い命令

この判決で、NHKの受信料を民法169条に基づく定期給付債権と評価したところに、注目しています。

民法169条に基づく定期給付債権とは、利息・借賃・給料などのように毎時期に支払う債権です。

そして、このような債権は、一般的に債務者が支払いを怠ることが稀であり、支払額も少額で、領収書の保存も怠れがちであるために、民法169条では、時効期間が一般債権の10年よりも短縮されています。

民法169条
「年又はこれより短い時期によって定めた金銭その他の物の給付を目的とする債権は、5年間行使しないときは、消滅する。」

【未払いNHK受信料、5年分9万円支払い命令】
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20120201-OYT1T01009.htm?from=main6

NHKが北海道旭川市内の男性に未払いの受信料の支払いを求めた訴訟の控訴審判決があり、旭川地裁の田口治美裁判長は、「受信料債権は民法169条に基づき定期給付債権の短期消滅時効が適用される」とし、NHKの訴えを全面的に認めた1審の旭川簡裁判決を取り消し、家賃やマンションの管理費などと同じ5年の短期の時効を適用し、男性に過去5年分の9万3160円の支払いを命じた。

判決は1月31日。

民法の定める請求権の消滅時効は、対象によって異なり、NHK側は不払い分の請求期間を「一般の債権」の10年として支払い訴訟を起こしている。この男性に対しては、約6年分の約11万円の支払いを求め、1審はNHKの主張を全面的に認め、男性側が控訴していた。

(2012.2.1 20:25 YOMIURI ONLINE)

|

« 嫡出子:性同一性障害の男性 子供めぐり不服申し立てへ | トップページ | 野田首相「被災地の期待に応える」=復興庁始動、縦割り行政克服が課題 »

裁判関係」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/544221/53880415

この記事へのトラックバック一覧です: 未払いNHK受信料、5年分9万円支払い命令:

« 嫡出子:性同一性障害の男性 子供めぐり不服申し立てへ | トップページ | 野田首相「被災地の期待に応える」=復興庁始動、縦割り行政克服が課題 »