« カード払い | トップページ | 話がうまいか下手かは"ひらがな力"の違いだった »

2012年5月 2日 (水)

「自殺考えた」23%に増加…20代女性3割超

未来に明るい希望が持てないことを表しているデータの現れだと思います。

内閣府がこのような統計を公表したのであれば、統計をとったにとどまるのではなく、未来に明るい希望がもてる社会を作ってほしいものです。

【「自殺考えた」23%に増加…20代女性3割超】
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20120501-OYT1T01517.htm

内閣府は1日、自殺対策に関する意識調査の結果を発表した。

これによると、自殺を考えた経験がある人は全体で23・4%となり、2008年2月の前回調査より4・3ポイント増えた。年代別では20歳代の28・4%が最も多く、特に20歳代女性は33・6%と、前回調査(21・8%)から大幅に増えている。

調査は今年1月、全国の20歳以上の男女3000人を対象に実施し、有効回収率は67・2%だった。

年代別では、40歳代の27・3%、50歳代の25・7%、30歳代の25・0%と続いた。すべての年代で女性が男性を上回っている。

また、自殺を考えたことがある人のうち、「最近1年以内」に考えたと答えた人も、20歳代の36・2%が最多だった。20歳代女性に限定すると44・4%に上った。

(2012.5.2 6:15 YOMIURI ONLINE)

|

« カード払い | トップページ | 話がうまいか下手かは"ひらがな力"の違いだった »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/544221/54616007

この記事へのトラックバック一覧です: 「自殺考えた」23%に増加…20代女性3割超:

« カード払い | トップページ | 話がうまいか下手かは"ひらがな力"の違いだった »