« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »

2012年9月

2012年9月27日 (木)

迷惑です!スマホいじって歩く人

最近は、スマホや携帯を見ながら歩く迷惑な人も目立ちますがが、さらに、ウォークマンを聞きながら歩く迷惑な人も増えている印象があります。

規制云々を考えること自体どうかと思いますが、「ながら歩き」の規制も、もしかしたら時間の問題かもしれません。

【迷惑です!スマホいじって歩く人】
http://ranking.goo.ne.jp/column/article/chumoku/1668/

米comScoreが8月21日に発表した「日本国内モバイル市場に関する調査」によると、国内スマホ普及率は23.5%、利用者は半年で4割増えたことが明らかに。スマートフォンに変えてから以前にも増して端末の利用時間が長くなったと感じている人は多いのではないでしょうか。しかし、自宅でも外出先でも片時も手放せず、友人や恋人そっちのけで画面に夢中… となると、周りの人に呆れられてしまうかもしれません。そんな「スマートフォン依存症」気味の人に気をつけて欲しい「ながらスマホ」。歩きながら操作していて、周りの状況に全く気づかず、街中で人にぶつかったり、足を踏み外してしまったりしたことがある人は要注意です。

●なぜ「ながら歩き」するの?

発言小町のトピック「なぜ『ながら歩き』するの?」は、50代の男性からの投稿。スマホや携帯電話を操作しながら歩く「ながら歩き」をする人が多く、不快に感じているという相談者。狭い通路や電車のホーム、階段など、転倒すれば事故にもつながりかねない場所で、のろのろと歩きながらスマホをいじるのはマナーが悪いのではないか、また危機意識が低いのではないかと投げかけています。

これに対し、日常的に「ながら歩き」をしている回答者は、次のようにコメントしています。「電車を降りる間際にメールが来たとか、電車に乗る前に行き先までの路線検索をしたいとか、あるいは急ぎで連絡を取りたいとか、タイミングを逃せない理由がいろいろとあります。通路や階段は周りの流れに合わせてるつもりですし、ホームから落ちるほど端を歩いたりはしません」というサラさんは、歩く速さは人それぞれで、遅いと思えば追い越せばいいだけ、誰にも迷惑をかけていないと持論を展開。またほかの回答者からは「急ぎの用事があったり、タイミング的にその時間を使うしかないからです。人にぶつかったことは一度もありませんし、立ち止まったこともありませんよ。何が迷惑でしょうか? あなたに迷惑をかけたことはないはずです」と開き直る、あきれてしまうような意見も。

しかし、多くの回答者からは「ほんと、すごく迷惑です!」、「スマホや携帯見ながら歩く人は人の迷惑になってることが理解できてない」、「命を懸けてまですることかどうか」といった反論が続出。また「車での使用は規制されました。自転車での使用も規制されました。歩行中もそろそろ禁止になるでしょうね」(パンピーさん)といったコメントもあり、いっそのこと「ながら歩き」を規制すべきとの見方も。さらには「歩いている人同士がぶつからないのはお互いに気を遣ってるから」という嫌な世の中さんは「『ナガラ』の奴らは相手にのみ気遣いを求めている。そこにまるで気が付いていないし、考えない。世の中自己中ばかりでおかしくなってきてますね」と投げかけています。

●江戸庶民が身につけていた「江戸しぐさ」とは

gooランキング「道でイラッとする他人の行動は?」では、4位に《すれ違う時に道を譲らない》、5位に《突然止まる》、6位に《携帯を見ながら歩く》など、、携帯電話などの画面に気を取られているときにやってしまいがちな行為が上位にランク・インしています。自分は迷惑をかけていないつもりでも、気づかないうちに周りの人を不快にさせている可能性も。

公共広告機構のマナー広告で広く知られることとなった「江戸しぐさ」には、人ごみですれ違う際、互いに肩を引き体を斜めにして通り過ぎる「肩引き」という作法があります。かつて江戸に暮らす庶民が自然と身につけていた粋な作法をお手本にしつつ、人ごみでは特に互いに譲り合う心の余裕を持つようにしたいものです。(熊)

(2012.9.27 gooランキング)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月16日 (日)

人権啓発コンテンツ4 高齢者篇「こぼすなら飲み食いするな!」

YouTube の 法務省ch で人権相談のPRに、いっこく堂さんの腹話術でもってされていることは、昨日のブログでも紹介させていただきました。

明日は、敬老の日ですので、YouTube の 法務省ch の人権啓発コンテンツより、高齢者篇「こぼすなら飲み食いするな!」 のページをリンクしておきますので、ご覧下さい。
http://youtu.be/DxZJD2RugR8

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月15日 (土)

いっこく堂の人権相談PR

9月1日のブログで、法務局でも人権相談ができることを紹介しています。

法務省では、東日本大震災の風評被害をきっかけに、この人権相談のPRに、いっこく堂さんの腹話術でもってされております。

YouTube の 法務省ch より該当 のページをリンクしておきますので、ご覧下さい。

①いっこく堂「転校生カンちゃんいじめられる」 
http://www.youtube.com/watch?v=osM8Ry0BRAo&feature=share&list=UUH8ROF03TnxUIJdBbXoxR7g

②いっこく堂「師匠 人権を語る」 
http://www.youtube.com/watch?v=AZrZDaID9aw&feature=share&list=UUH8ROF03TnxUIJdBbXoxR7g

③いっこく堂「師匠 法務局をPRする」
http://www.youtube.com/watch?v=kniefmK5j-4&feature=share&list=UUH8ROF03TnxUIJdBbXoxR7g

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月 8日 (土)

アダルト情報サイトの相談が2011年度の相談第1位に-インターネットにアクセスできる機器すべてに注意が必要-

2011年度に全国の消費生活センターに寄せられた相談件数は、商品・サービス別に分類すると、アダルト情報サイトの相談が1位となりました。

アダルト情報サイトをはじめ、インターネットを利用した事例は、日々変化しているといっても過言ではないので、情報収集にも努めていきたいものです。

こちらが国民生活センターの発表情報です。ご参考下さい。
http://www.kokusen.go.jp/news/data/n-20120906_1.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月 1日 (土)

学校いじめに対応、法務局に人権擁護委員を常駐

法務省での人権問題の相談窓口はこちらです。
http://www.moj.go.jp/JINKEN/index_soudan.html

正直、法務局でもいじめ相談ができると思っていない人の方が多いと思いますが、「学校でのいじめ」の相談が過去最多となったことからしても、いかに「いじめ」問題が深刻になっているかがわかります。

いじめ問題の対策に多角的な視点での解決が求められることの表れだとおもいます。

それから、せっかく各地の法務局に人権擁護委員を常駐させるわけですから、いじめ問題は当然ですが、他の人権問題にも有意義に活用されてほしいものです。

【学校いじめに対応、法務局に人権擁護委員を常駐】
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20120901-OYT1T00589.htm

法務省は、学校におけるいじめ事件の深刻化を受け、各地の法務局に人権擁護委員を常駐させる方針を固めた。

生徒や保護者などからいじめに関する相談があった場合、迅速に対応できるようにする。来年度から3年間で、常駐可能な人権擁護委員を計300人増員する方針だ。2013年度予算案の概算要求に約1億円の経費を盛り込む。

昨年、全国の法務局が扱った人権侵犯事件2万2168件のうち、「学校でのいじめ」は前年比21・8%増の3306件で過去最多となった。法務局は、いじめに関する相談を受ければ、人権擁護委員とともに事実関係を調べ、改善策を学校など関係機関に勧告している。ただ、人権擁護委員は法務局に常駐しておらず、複数の委員が調査などに携わる場合に連携が不十分だったり、対応に時間がかかったりする問題があった。

◆人権擁護委員◆ 弁護士や教職経験者などから人権問題に理解のある人が選ばれる。人権擁護委員法に基づき法相が委嘱する。現在約1万4000人。人権侵害事件の相談、調査、処理にあたるほか、啓発活動にも従事する。任期は3年間。無給で、交通費などの実費のみ支給される。

(2012.9.1 14:56 YOMIURI ONLINE)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »