« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »

2012年11月

2012年11月23日 (金)

被害者「守り切れない」=抜本改正の要望高まる-ストーカー規制法12年

ストーカー規制法に限らず、いろいろな法律において「法の不備」ということはよく聞きます。

それから、法律を作っても、行政など運用する側(ストーカー問題でいえば警察ということになるでしょう)の問題もよく指摘されています。

立法(国会)・行政(特に官僚)のしくみを抜本的に変えないと、ストーカー問題もなかなか解消されない気がしてしまいます。

来月には、衆議院選挙が行われますが、ストーカー問題ももちろんですが、とにかく物事がいい方向に変わると思えるようになってほしいものです。

【被害者「守り切れない」=抜本改正の要望高まる-ストーカー規制法12年】
http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2012112300173

恋愛相手への付きまといを禁じたストーカー規制法が施行されてから24日で12年。「法の穴を埋める」と導入された新法だったが、不備が浮き彫りになってきた。警察の対応が遅かったり立件を見送ったりした結果、被害者が殺害される事件も相次いだ。「今の制度では守り切れない」。抜本的な見直しを求める声が高まっている。

長崎県西海市で昨年12月、ストーカー被害を受けていた女性の家族2人が殺害された事件では、「動かない警察」が批判された。被害者から相談や通報を重ねて受け、男に警告はしたが、被害届の受理を先延ばしした。

神奈川県逗子市で今月6日、女性が元交際相手の男に刺殺された事件では規制法の不備が露呈した。男は今年3~4月の約20日間に1000通を超すメールを女性に送ったが、メールは規制されておらず、文面も「慰謝料」を求める内容。県警は摘発せず、女性宅を約180回パトロールしたが、惨事を防げなかった。

事件を受け、一部の国会議員や警察庁はメールを対象に加える法改正に動き始めたが、衆院解散で止まっている。

被害者遺族や支援団体は、修正ではなく抜本改正を求めている。焦点の一つは、今は都道府県公安委員会が出している禁止命令を、裁判所が出せるようにすること。被害者が警察以外にも駆け込めるようにする狙いだ。

(2012.11.23 14:35 時事ドットコム)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月15日 (木)

いい遺言の日

りそな銀行は、平成18年に、家庭内での遺産相続をめぐるトラブルを防ぐために、日本記念日協会の認定を得て、11月15日を「いい遺言の日」、同日から22日までを「夫婦の遺言週間」と定めました。

これを機に、「遺言」について考えてみるのもよいでしょう。

詳しくは、こちらをご覧下さい。
【藤谷司法書士事務所】の「遺言」のページ
【藤谷司法書士事務所】の「相続・遺言・成年後見の関係」のページ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月 8日 (木)

申し込んでいないのに強引に送りつけられる!高齢者を狙った健康食品の悪質な販売手口が増加!

先週、国民生活センターが発表した情報によると、申し込んでいないのに健康食品を強引に送りつけられるといった悪質な販売手口に関する相談が増えているようです。
http://www.kokusen.go.jp/news/data/n-20121101_1.html

いわゆる「送りつけ商法」が未だに行われているのかと言いたくなりましたが、特に高齢者の皆様、被害情報・対処法を把握のうえ、ご注意下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月 3日 (土)

正しい二度寝は5分まで

うろ覚えなのですが、以前に「二度寝をすると認知症になりやすい」と聞いた記憶があります。

その時から、二度寝はしないようにと心がけてはいるものの、時にはやはりしてしまいます。

「朝5分のうたた寝が疲労やストレスを解消する」と知っておくだけでも、参考にしたいと思います。

【正しい二度寝は5分まで】
http://nikkan-spa.jp/302859

社会人にとって健康維持は必須だが、カネや時間のかかる健康法には食指が動かないという人向けに、“装着するだけ”でOKの健康グッズ、短い時間でこなせる運動法などがあふれている。そこで本特集では、巷で“効く”と話題の健康法を記者が実践、その効果のほどを検証してみる。

【二度寝】朝5分のうたた寝が疲労やストレスを解消する

二度寝をするだけで、疲労やストレスが消える――んなアホな!と言うなかれ。睡眠&快眠術で著名な医師の坪田聡氏はその理由について以下のように語る。

「朝、起きる直前にストレス耐性物質とよばれるコルチゾールが大量に分泌されます。コルチゾールとは副腎皮質ホルモンの一種で、大きな安心感を与えてくれます。また、浅い眠りのときには、脳内麻薬とも呼ばれる、エンドルフィンも分泌されます。安心・幸せ・快感といった、“眠りの黄金郷”が二度寝の時間なのです」

コルチゾールは朝に分泌され、午後には減少し、寝る前にはほとんど分泌されない。そのため“朝の二度寝”が効果的なのだ。

早速、起きる予定より1時間早くタイマーを設定してから就寝、そしてアラームが鳴る。

「あと1時間も眠れる」という幸せを感じつつ二度寝→起床するが、いつもより疲れがキツい気も……。

「長く寝てはいけません。5~10分の“ちょいたし寝”が大前提。長く眠ると深い睡眠に入ってしまい、強制的に起こされたような、いやな倦怠感が残るのです」

起きてから5分程度、まどろみを楽しむように浅い眠りに落ち、なるべく時計に頼らず起きるのがベストだという。最初はうっかり寝過ごすなんてこともあったが、慣れてくると体内時計に“5分間の二度寝時間”が計測されるのか、パチッと目を覚ますことができる。事実、実践した当初から、朝起きてからの動きにメリハリがついて充実した一日を過ごせるように。朝の二度寝習慣、オススメです。

(2012.11.3 日刊SPA!)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »