« いい遺言の日 | トップページ | いのちの日 »

2012年11月23日 (金)

被害者「守り切れない」=抜本改正の要望高まる-ストーカー規制法12年

ストーカー規制法に限らず、いろいろな法律において「法の不備」ということはよく聞きます。

それから、法律を作っても、行政など運用する側(ストーカー問題でいえば警察ということになるでしょう)の問題もよく指摘されています。

立法(国会)・行政(特に官僚)のしくみを抜本的に変えないと、ストーカー問題もなかなか解消されない気がしてしまいます。

来月には、衆議院選挙が行われますが、ストーカー問題ももちろんですが、とにかく物事がいい方向に変わると思えるようになってほしいものです。

【被害者「守り切れない」=抜本改正の要望高まる-ストーカー規制法12年】
http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2012112300173

恋愛相手への付きまといを禁じたストーカー規制法が施行されてから24日で12年。「法の穴を埋める」と導入された新法だったが、不備が浮き彫りになってきた。警察の対応が遅かったり立件を見送ったりした結果、被害者が殺害される事件も相次いだ。「今の制度では守り切れない」。抜本的な見直しを求める声が高まっている。

長崎県西海市で昨年12月、ストーカー被害を受けていた女性の家族2人が殺害された事件では、「動かない警察」が批判された。被害者から相談や通報を重ねて受け、男に警告はしたが、被害届の受理を先延ばしした。

神奈川県逗子市で今月6日、女性が元交際相手の男に刺殺された事件では規制法の不備が露呈した。男は今年3~4月の約20日間に1000通を超すメールを女性に送ったが、メールは規制されておらず、文面も「慰謝料」を求める内容。県警は摘発せず、女性宅を約180回パトロールしたが、惨事を防げなかった。

事件を受け、一部の国会議員や警察庁はメールを対象に加える法改正に動き始めたが、衆院解散で止まっている。

被害者遺族や支援団体は、修正ではなく抜本改正を求めている。焦点の一つは、今は都道府県公安委員会が出している禁止命令を、裁判所が出せるようにすること。被害者が警察以外にも駆け込めるようにする狙いだ。

(2012.11.23 14:35 時事ドットコム)

|

« いい遺言の日 | トップページ | いのちの日 »

事件・事故・社会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/544221/56176364

この記事へのトラックバック一覧です: 被害者「守り切れない」=抜本改正の要望高まる-ストーカー規制法12年:

« いい遺言の日 | トップページ | いのちの日 »