« 成年被後見人13万人に選挙権、改正公選法成立 | トップページ | 大阪弁護士会:不祥事対策警告制度 苦情3件で本人に通知 »

2013年6月30日 (日)

相続登記はお早めに!(3)

以前にもこのブログで触れましたが、相続登記はお早目にすることをお勧めします。

(以前のブログ)
http://m-fujitani.cocolog-nifty.com/blog/2009/09/post-caa9.html
http://m-fujitani.cocolog-nifty.com/blog/2010/03/post-3f6a.html

相続登記を放置している人は「うちは揉めることないし不動産を売る時にすればいい」と言いがちです。

ところが、いざ売るタイミングになってから相続登記をしようとしても、できないケースもあります。

最近、当事務所に相談に来られるケースで目立つのが、相続人の1人が認知症や脳梗塞の後遺症などで成年後見制度を利用しなければならない場合です。
この場合は、相続登記の前提として、成年後見の申し立てが必要にあります。
相談に来られるケースの中には、被相続人が亡くなった後で、相続人の1人が認知症や脳梗塞になったケースもあります。

たいていの方は、自分が認知症や脳梗塞にならないと思い込んでいることでしょう。
例えば、交通事故に巻き込まれて、脳梗塞などになったり、最悪、植物状態にならないという保証はありません。

このようなことを考えても、できるだけ早い時期に相続登記しておくことをお勧めします。

相続手続の流れはこちらをご覧下さい。
【藤谷司法書士事務所】の相続登記のページ

|

« 成年被後見人13万人に選挙権、改正公選法成立 | トップページ | 大阪弁護士会:不祥事対策警告制度 苦情3件で本人に通知 »

相続」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/544221/57699063

この記事へのトラックバック一覧です: 相続登記はお早めに!(3):

« 成年被後見人13万人に選挙権、改正公選法成立 | トップページ | 大阪弁護士会:不祥事対策警告制度 苦情3件で本人に通知 »