« 認知症に優しい街を推進…省庁、総合政策へ連携 | トップページ | 開業5周年 »

2013年9月28日 (土)

少額訴訟について

法律相談を受けていると、60万円以下の訴訟事案の相談になると「少額訴訟」で解決できると思われる方が多いです。

少額訴訟の説明はこちらです(裁判所のHPより)。
http://www.courts.go.jp/saiban/syurui_minzi/minzi_04_02_02/

通常の訴訟で何回かの期日で審理することを、「少額訴訟」では原則として1回の審理で紛争解決を図る手続であります。

したがって、証拠書類(証人も含めて)がそろっていない状況では、「少額訴訟」にふさわしい事案とはいえません。

私は少額訴訟を提起したいという相談を受けても、証拠書類が審理の日にその場ですぐに調べることができるもので、かつ、明らかに勝訴できるという心証がなければ、「少額訴訟」を提起することは、お勧めしていません。

|

« 認知症に優しい街を推進…省庁、総合政策へ連携 | トップページ | 開業5周年 »

訴訟問題」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/544221/58283620

この記事へのトラックバック一覧です: 少額訴訟について:

« 認知症に優しい街を推進…省庁、総合政策へ連携 | トップページ | 開業5周年 »