« 個人情報が漏れているので削除してあげる?!公的機関をかたって個人情報の削除を持ちかける詐欺にご注意! | トップページ | 架空請求(2) »

2014年8月30日 (土)

相続放棄

被相続人の負債が多いなど相続することによって負担になるケースや、家業の経営を安定させるために後継者以外の兄弟姉妹が相続を辞退するときなどに、「相続放棄」をすることがあります。

「相続放棄」は、自己のために相続の開始があったことを知った時から3ヶ月以内に、被相続人の最後の住所を管轄する家庭裁判所に申述しなければなりません。

この3ヶ月以内に家庭裁判所に申述しなかった場合には、単純承認といって、相続を承認したことになります。

相続の相談で、よく「相続を放棄した」と言われることがあれますが、「相続開始後3ヶ月以内に家庭裁判所で手続を採りましたか」と尋ねても、ほとんどが「いいえ」と返ってきます。

これは、あくまで「遺産分割」において、自分の取り分をいらないと言ったにすぎませんが、これを「相続放棄」と思っている方が実に多いので、ご注意下さい。

こちらもご参考下さい。
【藤谷司法書士事務所】の相続のページ

|

« 個人情報が漏れているので削除してあげる?!公的機関をかたって個人情報の削除を持ちかける詐欺にご注意! | トップページ | 架空請求(2) »

相続」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/544221/60234633

この記事へのトラックバック一覧です: 相続放棄:

« 個人情報が漏れているので削除してあげる?!公的機関をかたって個人情報の削除を持ちかける詐欺にご注意! | トップページ | 架空請求(2) »