« 高齢者が支払えなくなるまで次々に販売するSF商法-支払い金額の平均は170万円にも!- | トップページ | 勝手に開封した遺言書 »

2015年6月29日 (月)

年金機構職員が「2ちゃんねる」に秘密を暴露・・・法的な問題はあるの?

今日の「シェアしたくなる法律相談所」というコラムで、「年金機構職員が「2ちゃんねる」に秘密を暴露」というコラムがあったので、読んでみました。

我々、司法書士にも守秘義務というものがあり、日常、神経をとがらせている部分もありましたので、興味あって読んでみました。

私も、仮にこれについて原稿を書けと言われたら、この執筆者と同じようなことしか書けないかなと思いました。

ただ、日本年金機構については、2ちゃんねるで書かれることも含め、危機管理対策をきっちりとしてほしいものです。

【年金機構職員が「2ちゃんねる」に秘密を暴露・・・法的な問題はあるの?】
https://lmedia.jp/2015/06/29/65436/

日本年金機構での個人情報流出事件において、「機構職員のみが知りうる内部情報が2ちゃんねるに書き込まれていた」ことが守秘義務違反であるとして告発を検討していると報じられています。

機構の職員とみられる人物が2ちゃんねるの「公務員板」などのスレッドに、情報流出公表前に「ウィルス感染しましたので、共用ファイルは利用禁止となりました」「月曜日には、ウィルス感染を公表するのかな?」など、内部情報とみられる内容を書き込んでいたようです。

この件は果たして守秘義務違反といえるのでしょうか。

■「日本年金機構法」という法律がある!

法律に基づいて設立されている団体の場合、その設立の根拠となる法律があるのですが、年金機構については「日本年金機構法」という法律があるようです。

この法律の中には、「役職員は、職務上知ることのできた秘密を漏らしてはならない。その職を退いた後も、同様とする。」という定めがあります。

今回の件では、これに違反しているのではないか、ということのようです。

■「秘密」に当たるのか

「職務上知ることのできた秘密」とはどのようなものを指すのか調べてみたのですが、解説しているものは見当たりませんでした。

一般的な法律の意味で言えば、「秘密」とは外部に未だ知られていないもので、秘密として管理されているものであることが、少なくとも必要だろうと思われます。

ウイルスに感染したことや、ウイルスに感染して共用ファイルが利用禁止になったといったことは、外部には未だ知られていなかったとはいえるのでしょうが、これが秘密として管理されていた情報といえるのか、個人的には疑問があります。

また、詳細な情報ともいえない内容であることや、そもそもウイルス感染をしているということが「秘密」に当たり得る内容といえるものか、という点でも疑問があります。

したがって、感覚的な話で申し訳ないのですが、守秘義務の観点から問題があるとは抽象的に言い得るとしても、警察・検察がこれを「処罰に値するほどの違法性がある」と判断するかは、微妙ではないかと考えます。

(2015.6.29 シェアしたくなる法律相談所)

|

« 高齢者が支払えなくなるまで次々に販売するSF商法-支払い金額の平均は170万円にも!- | トップページ | 勝手に開封した遺言書 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/544221/61813904

この記事へのトラックバック一覧です: 年金機構職員が「2ちゃんねる」に秘密を暴露・・・法的な問題はあるの?:

« 高齢者が支払えなくなるまで次々に販売するSF商法-支払い金額の平均は170万円にも!- | トップページ | 勝手に開封した遺言書 »