« あけましておめでとうございます! | トップページ | 認知症徘徊の列車事故訴訟、最高裁で家族側が逆転勝訴 »

2016年2月29日 (月)

限定承認

限定承認とは、プラス財産とマイナス財産のどちらが多いかわからない時に、相続財産の範囲内で負債を相続する手続です。

ただ、この手続は、自己のために相続の開始があったことを知った時から3ヶ月以内に、相続人全員が申述しなければなりません。

また、申述後も手続が面倒であり、相続人全員でしなければならないことから、実際、マイナス財産があるかもとなれば、相続放棄の手続きを選ぶのがほとんとです。

実際、平成26年の司法統計年表によると、全国で相続放棄が年間約18万件に対し、限定承認は年間1000件に満たないのが実情です。

|

« あけましておめでとうございます! | トップページ | 認知症徘徊の列車事故訴訟、最高裁で家族側が逆転勝訴 »

相続」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/544221/63281917

この記事へのトラックバック一覧です: 限定承認:

« あけましておめでとうございます! | トップページ | 認知症徘徊の列車事故訴訟、最高裁で家族側が逆転勝訴 »