« 2022年10月 | トップページ | 2022年12月 »

2022年11月

2022年11月29日 (火)

介護保険2割負担の対象拡大へ、ケアプラン有料化は見送り…厚労省方針

 今年10月から後期高齢者医療費の窓口負担が2割となる対象が拡大されたことを考えれば、介護保険の負担が2割となる対象が拡大されるのは当然の流れと言わざるを得ないでしょう。

 2024年に介護保険法の改正など介護保険制度改革に踏み切るようですが、よりよい介護保険制度になることを願うばかりです。


【介護保険2割負担の対象拡大へ、ケアプラン有料化は見送り…厚労省方針】
https://www.yomiuri.co.jp/medical/20221128-OYT1T50235/

 厚生労働省は28日、介護保険サービス利用時の自己負担割合が2割となる対象者を拡大する方針を社会保障審議会介護保険部会で示した。介護保険部会では2024年度の介護保険制度改正へ向けた議論を進めており、年内の決定を目指す。ケアプラン(介護計画)の有料化については今回の制度改正では見送る方向だ。

 介護保険の自己負担は現在、原則1割で、一定以上の所得(単身者で年金を含む年収280万円以上など)のある人は2割、「現役並み」(同340万円以上など)の所得がある人は3割となっている。2~3割負担は65歳以上の所得水準の上位約20%が対象だ。

 厚労省は今年10月から後期高齢者医療費の窓口負担が2割となる対象が、単身者で年金を含む年収200万円以上などに拡大されたことを踏まえ、介護保険でも2割負担の対象を拡大することを提案した。対象を単身者で年金を含む年収200万円以上などに拡大した場合、2~3割負担の対象者は65歳以上の所得上位約30%に拡大する見込みだ。

 介護の必要度が比較的低いとされる「要介護1、2」の生活援助の市区町村事業への移行は、今回の改正には盛り込まない方向だ。

(2022.11.29 8:12 読売新聞オンライン)

| | コメント (0)

2022年11月20日 (日)

迷惑メールへの対応

今日の夕食時、国税局を名乗って「未払い税金お支払いのお願い。」と謳った携帯のショートメールを受信しました。

もちろん、詐欺的な迷惑メールとはわかっていますが、「日曜の夜に官公庁が仕事しているわけないやん」と思わず突っ込みそうになりました。

迷惑メールは、とにかく無視するに限ります。

総務省でも、下記リンクのように、迷惑メールへの対応における注意喚起をしております。
https://www.soumu.go.jp/main_sosiki/joho_tsusin/security/enduser/security02/10.html

| | コメント (0)

2022年11月11日 (金)

ネットバンキングを悪用した還付金詐欺に注意

今月1日の国民生活センターの見守り新鮮情報によると、「ネットバンキングを悪用した還付金詐欺」に関する相談が全国の消費生活センター等に多く寄せられていているようです。
https://www.kokusen.go.jp/mimamori/mj_mailmag/mj-shinsen436.html

還付金詐欺はこれまでATMで振り込ませる手口が主でしたが、最近は、役所などの公的機関をかたり「保険料の還付がある」などと電話し、還付金を受け取るためと言って銀行口座の番号や暗証番号などを聞き出し、本人に成り済ましてインターネットバンキングの利用を申し込み、預金を他の口座に不正に送金する手口が出てきているようです。

役所などの公的機関をかたり「保険料の還付がある」といった電話は、何年か前に私の自宅の固定電話にも1度かかってきたことがあり、騙されたふりしていろいろ聞き出そうかなとも思ってみましたが、同時に携帯電話に仕事関係の電話が入ったので、結果的にすぐに打ち切りました。

このサイトでも述べている通り、公的機関や金融機関などが、口座番号や暗証番号などを聞き出すことはありませんので、とにかく、このような電話が入ったら、絶対に教えず、すぐに電話を切ってください。

| | コメント (0)

« 2022年10月 | トップページ | 2022年12月 »