« 障害者週間 | トップページ | 仕事納め »

2022年12月27日 (火)

「下さい」と「ください」

日常生活ではあまり意識されないでしょうし、TVの字幕も含め実際には混在して使用されていますが、少なくとも国や公共団体が法令や公用の文書などに用いる文章(公用文)においては、「下さい」と「ください」は使い分けがあります。

動詞の場合は「下さい」と漢字を使用し、補助動詞の場合は「ください」とひらがなを使用します。

平たく言うと、“give”の意味で使うときは「下さい」、“please”の意味で使うときは「ください」と使い分けます。

知っておいて、損はないと思います。

|

« 障害者週間 | トップページ | 仕事納め »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 障害者週間 | トップページ | 仕事納め »