ニュース

2023年7月11日 (火)

道路にはみ出した枝木 民法改正で「強制排除」可能に 交野市が全国初の剪定措置 所有者に費用請求を検討

今までは越境された竹木の枝を越境された側で切除することはできませんでしたが、今年の4月1日に改正民法が施行され、一定の要件で越境された側で切除することはできる(民法233条3項)ようになりました。

そして、本日、交野市において、道路にはみ出した枝木における全国初の剪定措置に踏み切りました。


【民法抜粋】

(竹木の枝の切除及び根の切取り)
第二百三十三条 土地の所有者は、隣地の竹木の枝が境界線を越えるときは、その竹木の所有者に、その枝を切除させることができる。
2 前項の場合において、竹木が数人の共有に属するときは、各共有者は、その枝を切り取ることができる。
3 第一項の場合において、次に掲げるときは、土地の所有者は、その枝を切り取ることができる。
一 竹木の所有者に枝を切除するよう催告したにもかかわらず、竹木の所有者が相当の期間内に切除しないとき。
二 竹木の所有者を知ることができず、又はその所在を知ることができないとき。
三 急迫の事情があるとき。
4 隣地の竹木の根が境界線を越えるときは、その根を切り取ることができる。


【道路にはみ出した枝木 民法改正で「強制排除」可能に 交野市が全国初の剪定措置 所有者に費用請求を検討】
https://www.asahi.co.jp/webnews/pages/abc_20679.html


私有地から道路にせり出した木の枝をめぐって、交野市は所有者の同意なしに枝を切る異例の措置に乗り出しました。

交野市の市道の一部をおおっているのは、住宅からせり出した木の茂みです。

市によりますと、道路の安全確保のため土地の所有者に適切な管理を2年以上前から促してきたものの、応じてもらえなかったといいます。

越境した枝は民法の改正で今年4月、一定条件のもとで切除できるようになり、11日朝、これを根拠に市職員らが枝を切り落としました。

「付近の住人の通行にかなり支障が出ていました。市の方で伐採するに至りました」(山本景・交野市長)

市長はこの措置をとるのは「全国初」だと説明していて、費用は土地の所有者に請求することを検討しています

(2023.7.11 12:12 ABCニュース)

| | コメント (0)

2022年2月 2日 (水)

「捨て駒にならないで」 特殊詐欺加担、増える若者

 ここ最近の新型コロナウイルスの感染者数が、ほぼ毎日のように過去最高を記録するような状況において、生活困窮や自粛生活からの疲れが影響してか、詐欺事件が増えたり、詐欺に加担する若者が増えたりしていますので、情報を収集して注意いただければと思います。


【「捨て駒にならないで」 特殊詐欺加担、増える若者】
https://www.jiji.com/jc/article?k=2022020200183&g=cov

 インターネット交流サイト(SNS)の「高額報酬」「即日即金」といった宣伝文句に誘われ、特殊詐欺グループに加担する若者が増えている。新型コロナウイルス禍の生活困窮も背景にあるとみられるが、警視庁は「逮捕のリスクが高く捨て駒にすぎない」と注意を呼び掛けている。

 同庁捜査2課は1月、特殊詐欺グループに所属する30代と20代の男を詐欺などの疑いで逮捕した。2人はうその電話をかける「かけ子」で、「コロナで仕事がなくなりSNSで見た闇バイトに応募した」などと供述。摘発のリスクを避けるため、特定の拠点に集まらず、自宅から電話をかける「テレワーク」だったとみられている。

 捜査2課などは、2人が所属するグループが昨年4月以降、東京、神奈川、大阪、愛知の4都府県で、総額約7000万円をだまし取っていたとみている。これまでにメンバーの13人を逮捕。多くは「闇バイト」で集められた「かけ子」だった。

 捜査関係者によると、SNSで「闇バイト」をうたう仕事に応募すると、カラオケボックスなどで「面接」が行われ、運転免許証など身分証の提示を求められることが多い。女性の応募者の場合、裸の写真を撮影されることもあるという。

 同庁犯罪抑止対策本部は「特殊詐欺グループの上層部には暴力団などの反社会的勢力が存在している」と指摘。一度、加担すると弱みを握られて抜け出すことが難しい上、詐取金の受け取り役や「かけ子」など末端メンバーとして逮捕されるリスクも高く、捜査幹部は「切り捨てられるだけだ」と強調し、甘い誘いに応じないよう求めている。

(2022.2.2 13:31 時事ドットコム)

| | コメント (0)

2021年12月23日 (木)

注目の認知症薬「アデュカヌマブ」、継続審議に 追加データ求める

 認知症の薬は、現状、進行を遅らせることはできても、完全な治癒はできないとされています。

 いわゆる、薬で認知症が治る時代の到来かと期待したくはなりますが、少なくとも、今回は継続審議となりました。

 確かに、副作用として、薬を投与した患者の約35%で脳内に浮腫がみられたとなると、継続審議はやむを得ないと思いますが、薬で認知症が治る時代の到来するといいなと期待したくはなります。


注目の認知症薬「アデュカヌマブ」、継続審議に 追加データ求める
https://www.asahi.com/articles/ASPDP4SSXPDPULBJ00N.html?iref=pc_ss_date_article

 厚生労働省の専門家による部会は22日、アルツハイマー型認知症の新たな治療薬「アデュカヌマブ」の国内での製造販売について、結論を持ち越し、継続審議とした。これまで一時的に認知機能を改善させる薬はあったが、病気の原因に直接はたらきかけるとする薬は初めてで、注目を集めていた。

 厚労省によると、審議では「現時点のデータから有効性を明確に判断することは困難」とされた。追加の臨床試験(治験)の結果などの提出を待ち、改めて審議するが、年単位の時間がかかるという。

 アデュカヌマブは、日本の製薬大手エーザイと米製薬大手バイオジェンが開発した点滴薬。アルツハイマー型認知症に対し、軽度認知障害や軽度認知症という早い段階で使うことで、進行を緩やかにできると期待されている。昨年12月に厚労省に承認申請していた。

 この薬は、認知症の原因とされるたんぱく質「アミロイドβ(ベータ)」の脳内での蓄積を抑えるとされる。しかし、神経細胞の働きを失わせるアミロイドβが減っても認知機能の進行抑制ができない患者もおり、関連性は十分に明らかではないとした。また、提出された二つの治験のデータのうち、一つは薬を投与した場合としなかった場合で差がなく、一貫性がないことも指摘された。

 一方、副作用として、薬を投与した患者の約35%で脳内に浮腫がみられた。このため、有効性と安全性の再検討が必要だとされた。

 世界の認知症患者は約5千万人、日本国内の認知症患者は約600万人で、7割がアルツハイマー型とされる。この薬は先進国を中心に高齢化が進む中で注目されているが、先に審議された欧米では判断は分かれた。

 米国では今年6月に米食品医薬品局(FDA)が承認したが、追加治験で有効性を示せなければ、承認を取り消す可能性があるという条件をつけた。一方、欧州連合の医薬品の審査を担う欧州医薬品庁(EMA)は今月、「投与のメリットがリスクを上回っていない」として承認を見送った。

 日本での審議継続を受け、エーザイとバイオジェンは「(医薬品の審査をする)独立行政法人医薬品医療機器総合機構(PMDA)と追加データについて前向きに協議を行ってまいります」というコメントを出した。両社は追加の治験を22年に始め、主要な評価を終えるまでに4年を見込んでいる。(市野塊)

(2021.12.22 17:53 朝日新聞DIGITAL)

| | コメント (0)

2021年11月19日 (金)

(訃報)認知症診療の第一人者・長谷川和夫さん死去 自身の認知症を公表

 認知症診療の第一人者・長谷川和夫さんが、今月13日に亡くなられました。

 長谷川和夫さんは、2017年、自ら認知症であることを公表され、実際に認知症になって『「確かさ」が揺らぐ』とおっしゃったことが、なるほどと心に残り、このことは、昨年12月12日のこのブログでも紹介したところです。
http://m-fujitani.cocolog-nifty.com/blog/2020/12/post-80dc0a.html

 ご冥福をお祈りいたします。

【認知症診療の第一人者・長谷川和夫さん死去 自身の認知症を公表】
https://www.asahi.com/articles/ASPCM5D76PCMUCLV00M.html?iref=pc_ss_date_article

 認知症介護研究・研修東京センター名誉センター長で精神科医の長谷川和夫(はせがわ・かずお)さんが13日、老衰のため死去した。92歳だった。葬儀は親族で行った。喪主は妻瑞子さん。

 聖マリアンナ医科大名誉教授。認知症診断のための簡易スクリーニング検査として広く使われている「長谷川式認知症スケール」を1970年代に開発。認知症診療の第一人者として、認知症への理解を広げることに力を注いだ。

 侮蔑的な意味を含む「痴呆(ちほう)」という呼称の変更を国に働きかけ、「認知症」という新たな用語を提起した厚生労働省の検討会(2004年)にも、委員として参加した。

 17年に認知症との診断を受けた。その後、その事実を各メディアで公表した。朝日新聞のインタビューでは、「『隠すことはない』『年を取ったら誰でもなるんだな』と皆が考えるようになれば、社会の認識は変わる」と、専門医である自分が認知症になった体験を伝える意味を語っていた。

 その後も、「認知症というのは決して固定した状態ではなくて、認知症とそうでない状態は連続している。つまり行ったり来たり、なんだ」など、当事者としての言葉で、認知症についての発信を続けた。

 認知症診断後の18年、子どもたちにケアの理念を伝えようと、認知症の祖母と孫の交流を描いた絵本「だいじょうぶだよ―ぼくのおばあちゃん―」を出版、自身の家庭で実際に起きた出来事をもとに、原作を手がけた。認知症の人が安心して暮らすために、人のきずな、つながりが大切であることを晩年まで訴えた。


(2021.11.19 17:15 朝日新聞DIGITAL)

| | コメント (0)